2月11日





前日の2月10日

仕事は午前中で終わり

午後から船堀で富士山と東京タワー

急いで電車で帰宅後

クルマで横浜

大黒から大桟橋に移動して深夜まで

確か帰路についたのが午前2:30

帰宅して風呂で少し温まり

4時前に就寝

そして5:30に起床(笑)

前回の「2月10日」の記事にも書いたように

10日から11日にかけてこの上ない好天の予報

11日は朝から予定を入れていました




秋に2回ほど

慣れない山登りの末

富士山の素敵な雄姿を写真に収めることが出来た

その時の記事は「こちら

あ、文章長いから

その時の写真がこちら




1T7A5539-43.jpg




1T7A6542-6-1.jpg




ん~

いいね~

ここの山頂からの富士山はすごく気に入ってます

2回とも晴れ予報で出かけたんだけど

山頂に到着すると富士山は雲の中

一時間ほど待機してやっと姿を見せてくれた

まぁ結果オーライだけどね

でね

この雄大な景色

どこかの案内に

天気がいい時には富士山のふもとの富士吉田市街まで見えるって書いてあったんだ

富士吉田には仲のいい友達もいるし

何度も行ったことがあったので

なんとなく

いつかは富士吉田も見える富士山の写真を撮ってみたいなぁって思ってたのね

ツイッターやライブカメラでほぼ毎日富士山はチェックしてるんだけど

いい天気でもけっこうふもとは見えないことが多いんだよね

特に朝とか午前中はね

山頂からの富士山は午前中じゃないと陽の向きがよくないからさ

二枚の写真もふもとは見えてないでしょ

富士吉田はかなりタイミングが難しいなぁって思ってたんだ



やっとそのチャンスがやってきたって感じで

眠いのに頑張って早起きしたわけ




事前にいろいろ調べてたんだけど

この時期

この山も雪に覆われていることが多いらしく

2月7日の未明にも雪が降ったらしいんだ

調べていくうちに

クルマで言うところの「みんカラ」

クルマに特化したSNSっていうのかな

それの山バージョンみたいな「ヤマレコ」っていうのを見つけたんだ

これがなかなか詳しい状況まで載せてくれていて助かった

駐車場から少し登ったところから山頂までの道のりがすべて積雪

アイゼンと呼ばれる靴の裏に取り付けるトゲトゲがないと危険らしい

それは大変だってことで

何日か前にアウトドア屋さんに行って

どうどうと初心者と告げ

トゲトゲの相談

いろいろ話をしているうちに具体的にはどこへ行くのか聞かれ

答えると「あ~、あそこはヤマレコでも積雪あるって書いてありましたね~」と

どうやら「ヤマレコ」はベテランまで利用する便利なSNSのようだ

調べておいてよかった

店員さんにトゲトゲを選んでもらいゲット

装着方法もしっかり教えてもらった

帰宅後にもう一度装着の練習

初トゲトゲどころか

雪山登山が初めてだし

あげく寝不足

服装は何着ていこう

実は不安だらけだった

でも

このチャンス

逃すわけにはいかない




510乗りの友達に

山登り好きな人がいて

以前いろいろ教えてもらったんだ

自分のいけないところはペースが速すぎること

特に冬場はダメ

汗が体温を奪う

体力も消耗し危険

なるほど納得

でも

そもそも写真を撮ることが目的だから

ついつい張り切って急いじゃうんだよね

困ったもんだ

「ヤマレコ」によるとほとんどの方が

山頂までは二時間かけて登っていた

今回の目標は二時間かけること

頑張ってペースを落とすこと

まぁ積雪もあることだし

慣れないトゲトゲじゃ

嫌でもペースは落ちるだろう




起床後

身支度をして

リュックに機材を詰め込み山へ向かう

駐車場までの道のりは湿っているところがあるくらいで

問題はなかった

駐車場にはすでに10組以上の先客がいた

トレッキングシューズに履き替え

持ち物をチェック

もちろんトゲトゲはバッグからすぐに出せるようにしておく

流石に寒い

道中の途中に気温が表示されていたがマイナス二度

そこからはずいぶん上の方になるのでいったい何度くらいなのか

動き出せばすぐ温まるだろう

ゆっくり登り始めた

山の入口までは整備されていてなんでもなかったが

入口からはいきなり積雪

しばらく様子を見ながらそのまま歩いた

気をつければ問題なさそうだったが

傾斜がきつくなるとちょっと不安になる

どのタイミングでトゲトゲるか

そう思っているうちに

前を歩く人たちが何人か見えてきた

そしてあっという間に追い付く

一番うしろにいた年配のおじさんに挨拶をした

するとおじさんも不安だったようで

「アイゼンもうつけてるの?」と聞いてきた

ペースが速かったからそう思ったに違いない

「いや、まだです」

「そ~か、いつつけようかね」

なんて話をしながらおじさんのペースに合わせてテールトゥーノーズ

そうしているうちに一つ目の休憩場所についた

何人かの方々が休まれていて

トゲトゲを装着している方を目にした

自分もここでトゲトゲることにした

練習の甲斐あって恥をかくこともなく装着

皆さんより一足先に歩き始める

トゲトゲすごい

なんの不安もなくガシガシ歩ける

不安に思っていた雪道も

数日にわたり何人もの足でならされていたので

雪無しを歩く時よりフラットのところもあるくらい

雪が深いところにはちゃんと足跡の穴が開いているので

確実に足を入れて抜いての繰り返し

でも深いところはそんなに長くなく

ほとんどが歩きやすい積雪状態だった

不安がなくなると気持ちにも余裕が出てくる

余裕が出てくるとペースが上がる

インナーのフリースを脱いだ

体中にまとわりついていた熱がすぅ~っと抜け心地よい

心地よいとペースが上がる

しばらく登ると

前を歩く、見るからに本格的な40歳代くらいの男性に追いついた

ちょうどその方は止まって上着を脱ぎ始めるところだった

あ、べつに無理して着てることないんだと気づき

自分も上着のマウンテンパーカーを脱ぎバッグにしまった

ドライ素材のロンティーにドライの厚手のティーシャツ

おそらく終始マイナスな気温

ヒンヤリして心地よい

心地よいとペースが上がる

本格的な方の前に出た

背中でオーラを感じながらひたすら登る

気が付くと木々のあいだから富士山が見え隠れしていた

今まではそんなことはなかったので

横目で富士山を見ながらハイになる

ハイになるとペースが上がる

そういえばオーラを感じなくなっていた

当然汗をかいている

ヤバいかなと思ったころに山頂に到着

誰もいない

と思ったら、奥に一人年配の方がいた

すぐに挨拶をかわし

バッグから上着を出し羽織る

目の前に広がる景色を眺めた

雲一つない

視界はクリア

富士山のふもとには富士吉田市が見えた

慌てて撮影の準備

ベストポジションを陣取り

三脚を立てカメラをセットし設定を煮詰める

そうしているうちにどんどん後続の方々がやってくる

皆さん声を出し感動していた

シャッターを切っては設定を変え

悔いの無いよういろいろなカットを収める

あっという間に30分ほどたち200枚くらい撮っていた

あとで整理しキッチリ仕上げた

ベストショット二枚




1T7A3384.jpg




1T7A3379.jpg






ふもとの右手の逆三角形の白っぽいところが

富士吉田市

その左手の横長の白いところは

陸上自衛隊の北富士演習場

富士山には雪がタップリ

想像以上の素敵で素晴らしい景色を写真に収めることが出来ました

いろいろ頑張った甲斐がありました

また行きたいなぁ

次に行くときには

どんな雄姿を魅せてくれるのでしょう



目標にしていたタイムは

ちゃんと計ってないけど

一時間二十分くらいだったのかな

積雪にトゲトゲのわりには

なかなか速かったと思います???




この山頂

ギリギリ東京なんですよ

思えば前日の10日は船堀から富士山

船堀は東京の一番東

11日は東京の一番西から

そのことをあとから気付いて

なんか面白いというか

不思議というか

偶然と必然な富士山の数枚の写真

思いっきり楽しみました~

疲れたけどねw







Morning






ベランダに出る

空の様子を伺うのが日課となっている

ビールの空き缶を捨てるついでに

晴れているのか

雨は土砂降りなのか

雪は積もったのか

その時折

いろいろな想いで空を眺める

当然

そのチェック項目の一つに

朝焼けがある

ベランダに出る時間は毎日ほぼ同じ

季節によって

すっかり明るくなっているときもある

ちょうどいい焼け具合の時もあれば

夜明け前の真っ暗な時もある

夕焼けのあとにやってくるマジックアワー

夕焼けに染まったオレンジ色の空が

夕闇のブルーに変化する

そのグラデーションの美しさに魅了されているのだが

夜空から夜明け

逆のパターンも存在する

いや

むしろそちらの方が

色合い的には素敵なのかもしれない

強烈な美しさ

そう感じる日が何日か続いた

そして

気が付けば撮る気マンマン

近場なら出勤前になんとかなるかもと

思いついたのが

何かのイベントに向かう時に

ウォ~って朝焼けに感動した国道の橋の上

あそこなら絵になるぜきっと

作戦を考えるがクルマを停めて置く場所がない

考えた末の結果

職場からの方がぜんぜん近い

そうだチャリンコだ

前日に職場のチャリで時間測りながら帰宅

翌朝

いい時間に間に合うよう出発

暗闇の中チャリで疾走

40分くらいで現場に到着

日の出前なのでまだ真っ暗

でも国道の街灯があるので不便無し

いい場所を選んでセッティング

もちろん空には雲一つない

寒さに耐えながら

空が明るくなるのを待つ

そして

いよいよマジックアワーが始まる

東の暗闇の空間が

下の方から色づいてくる

同時に

少しずつ明るくなってくる

色づきがピークになるころ

橋の下の川にも色づきが反射し

川霧が立つ

気付けば

幻想的な景色に変化していた




1T7A2505.jpg




1T7A2525.jpg






引きもアップもなかなかいいでしょ

このあと日の出をむかえるんだけど

狙い通りの絵が撮れたので

サッサと片付け職場へ向かう

日の出直後の一番の冷え込みに耐えながら

チャリで疾走

なにもなかったかのように変然と仕事を始める

ちょこちょこ仕事をさぼりながら

写真を仕上げ

職場の女の子たちに評価してもらう

声を出し感動してもらい

上々の評価を得た

場所を聞かれ

「すぐそこの橋の上」

と言うとみんなが驚く

いつ撮ったのかを聞かれ

「今日」

と言うと不思議がったていたので

夜明け前から橋の上にいたと説明する

笑われた







Sunny Rhapsody 10





1_20151204114047e27.jpg




2_20151204114048e8d.jpg




3_20151204114050064.jpg




4_20151204114052d80.jpg




5_20151204114053027.jpg




6_20151204114101dc1.jpg




7_2015120411410391b.jpg




8_201512041141047bc.jpg




9_20151204114106cab.jpg




10_20151204114107970.jpg




11_20151204114115ee6.jpg




12_20151204114116f86.jpg




13_20151204114119e9f.jpg




14_2015120411411912e.jpg




15_20151204114121371.jpg




16_2015120411412854d.jpg




17_20151204114129bea.jpg




18_20151204114131af6.jpg




19_20151204114132f54.jpg




20_201512041141347f1.jpg




21_20151204114140388.jpg




22_20151204114141059.jpg




23_20151204114143337.jpg






いけね

まだ残ってた

サニーの日

いい写真は出し惜しみしちゃうんだよね

やっと公開できたぜ

思えば

シンボルタワーでの集まりは

この日に始まったんだよね~

いつまでも続けられるようにしたいね

大丈夫

マナーやモラルさえ守っていれさえすればいいんだ

一人、一台の例外なくね







Gradation




Green




1_201509111948382f8.jpg




2_20150911194839d24.jpg




3_2015091119484166d.jpg




4_201509111948419c7.jpg




5_20150911194859f91.jpg




6_2015091119485802f.jpg




7_20150911194900640.jpg




8_201509111949027d0.jpg




9_20150911194903f3a.jpg






午後から雨予報の日曜日に

朝から張り切って出かけてきました

山の中を歩くのはちょっと疲れたけど

美しい緑

透きとおる水

繊細な流れ

滴り落ちる滝

なんかね

落ち着くっていうか

心が洗われるような感じ

これがマイナスイオンなのかなぁ

これでもギリギリ東京なんだよ

いつもとは違って

ゆっくりじっくり写真撮って

いいなぁ

なんて思っていたら

予報通りポツポツ降ってきて撤収



葉は緑から赤やオレンジに染めなおす

そして滝から落ちた水に反射する

また違った景観になることだろう

じっくり撮りたいなぁ

タイミングよく行けるかなぁ

そんなことを考えていたんだけど



また違うターゲットを見つけてしまった

かなり苦労しそうだけど

秋から冬にかけ

時間を作って

アクティブに攻めたい

果たして

披露出来る写真が撮れるのか

納得出来る写真が撮れるだろうか

それは

自分次第

頑張る










わかった?

以前書いた記事ね

そして頑張りましたよ

アクティブに

ハードに

攻めましたよ

天気予報と睨めっこして

チャンス!って思ったのが9月23日

この日は連休の最終日

連休中はあちこちで撮影していて

かなりお疲れだったけど

そんなことは言ってられない

眠い目をこすり

朝早くから目的地に向かう

駐車場にクルマを停め

準備をして出発

トレッキングってやつ

山登りね

自分はそれを楽しむわけではないので

一人でモクモクと登ります

休みも取らず山頂目指してハイペース

たぶん普通の人なら一時間半くらいかかるであろう険しい山道を

体力任せでちょうど一時間で登り切った

想像以上のハードさだった

機材も背負ってたしね

がしかし

ターゲットは雲の中



でも風があったので

状況が変わることを祈りつつ

体を休めて待つこと一時間

祈りが届いたのか

現れましたよ

そう

言わずと知れた富士山

あとは夢中で撮る

雲の動きで変化があるので

撮りまくる

あとでいいのをセレクトすればいい



一番いいのがコレ




1T7A5539-43.jpg




どうよ!

いいでしょ

何回か通うつもりだったのに

一回目でこんなの撮れた

そして

富士の写真館ってサイトで見事シェア獲得

嬉しくてね

頑張った甲斐があったってもんだ

でも本番はこれから

本当は冠雪した雄姿を撮りたかったんだ

そんなことを望んでいたら

10月11日富士山初冠雪のニュースが!

翌12日は祝日で天気も良さそう

朝一で出発

駐車場が7:30くらいじゃないと入れないことは調査済み

テキパキと身支度を整え

いざ一時間の登山

やはりハード

ヒンヤリとした風が注ぐ中

汗だくに

やっと山頂に辿り着く

誰もいなかったので

たぶん一番乗り

がしかし

肝心の富士山は雲の中



でも前回同様、雲に動きがあったので

しばらく休憩

この日は人が凄く多くて

あとからあとからとジャンジャン人々が登ってくる

あ~残念、富士山見えない~と

何人も降りて行った

ちょうど一時間が過ぎようとしたころから

現れました

待った甲斐があります

手前の木々も少し色づき始めていたので

前回は邪魔だな~と思っていたけど

今回は積極的にフレームインさせてみる

人々が入らないギリギリのところを狙い

雲の変化に合わせ撮りまくる



一番いいのがコレ




1T7A6542-6-1.jpg






どうよどうよ!

いい感じでしょ

30分くらい撮りまくって

確信したのでまだ富士山出てたけど下山したんだ

そうそう

下山もたぶん一時間くらいかかると思うんだけど

少し前にトレランとかいう競技をネットで見てしまって

(調べたら「トレイルランニング」だって)

思い機材背負ってるくせに影響されちゃって走る走るw

途中、登ってくる人たちの渋滞で少しペース落ちたけど

30分で下山

もちろん汗だく

そしてヒザはガクガク

でも

いい写真が撮れたので

満足満足

この場所では

まだ撮りたい絵があるので

体力が続く限りまだまだ通うことになると思います

さて

その絵は撮れるのだろうか

挑戦は続く

なんてね~







Green




1_201509111948382f8.jpg




2_20150911194839d24.jpg




3_2015091119484166d.jpg




4_201509111948419c7.jpg




5_20150911194859f91.jpg




6_2015091119485802f.jpg




7_20150911194900640.jpg




8_201509111949027d0.jpg




9_20150911194903f3a.jpg






午後から雨予報の日曜日に

朝から張り切って出かけてきました

山の中を歩くのはちょっと疲れたけど

美しい緑

透きとおる水

繊細な流れ

滴り落ちる滝

なんかね

落ち着くっていうか

心が洗われるような感じ

これがマイナスイオンなのかなぁ

これでもギリギリ東京なんだよ

いつもとは違って

ゆっくりじっくり写真撮って

いいなぁ

なんて思っていたら

予報通りポツポツ降ってきて撤収



葉は緑から赤やオレンジに染めなおす

そして滝から落ちた水に反射する

また違った景観になることだろう

じっくり撮りたいなぁ

タイミングよく行けるかなぁ

そんなことを考えていたんだけど



また違うターゲットを見つけてしまった

かなり苦労しそうだけど

秋から冬にかけ

時間を作って

アクティブに攻めたい

果たして

披露出来る写真が撮れるのか

納得出来る写真が撮れるだろうか

それは

自分次第

頑張る







プロフィール

Author:YOU

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示