FC2ブログ

2018.10 TSUKUBA JAPAN RUN Random Vol.1





1_20181109204827a91.jpg




2_201811092048301d8.jpg




3_20181109204831385.jpg




4_20181109204831a3f.jpg




5_2018110920483411d.jpg




6_201811092048436f9.jpg




7_20181109204845f36.jpg




8_2018110920484628f.jpg




9_2018110920484857f.jpg




10_201811092048495b3.jpg




11_20181109204856349.jpg




12_20181109204858109.jpg




13_20181109204900665.jpg




14_20181109204901874.jpg




15_201811092049022a6.jpg




16_20181109204913ca9.jpg




17_20181109204912108.jpg




18_20181109204913c6a.jpg




19_20181109204915b93.jpg




20_201811092049162d8.jpg




21_2018110920492376f.jpg




22_201811092049256a9.jpg




23_20181109204926814.jpg




24_20181109204928b16.jpg




25_20181109204929f32.jpg






やっと編集が終ったぜ

お待たせのジャパンラン

走行会ね

身近なクルマがガンガン走る

カッコいいね~

ランダム君まかせで

まだまだあるからね~









2018 FUJI JAMBOREE Random Vol.5





筑波の写真を

ビシバシ出したいんだけど

ちょっと時間がなくて

編集が出来ないんだよねぇ

もうちょっと待ってね

ってことで

富士のカッコいい写真で

レーシーな気分をキープしておいてください




1_20181108200402ed6.jpg




2_20181108200406af8.jpg




3_20181108200402a74.jpg




4_20181108200406373.jpg




5_201811082004038db.jpg




6_20181108200540c21.jpg




7_201811082005433c4.jpg




8_20181108200544f74.jpg




9_20181108200546c0d.jpg




10_20181108200546844.jpg




11_20181108200604460.jpg




12_20181108200606d2a.jpg




13_2018110820060740b.jpg




14_201811082006093a7.jpg




15_201811082006114e7.jpg




16_20181108200656fba.jpg




17_2018110820070117b.jpg




18_20181108200659535.jpg




19_20181108200658afe.jpg




20_20181108200702721.jpg






自分が自分じゃなくて

こんな写真見せられたら

自分には無理だと

へこんでいる自分を

想像つく自分が自分で

自分は一人なのに

こんなに撮ってる自分に驚く自分が

こんな記事を書いてる自分で

頑張ってるなぁと客観的に見る自分も

自分の中にいる

要するに

筑波の編集が遅れていることを

なんとかごまかそうとしている自分です









2018.10 TSUKUBA 90号車





今回も何台もの510が走った

その中で注目は90号車だった

Sクラスでは予選トップでポールゲット

スタートをしくじるも

粘って競り勝って

序盤までトップを走る

トラブルを抱えトップを譲ってしまったが

それでも堂々たる二位でフィニッシュ

そして

このマシンはダブルエントリーだった

秋のメインの耐久にも参戦

こちらは予選三番手からのスタート

長丁場の耐久は何が起きるか油断は出来ない

慎重にラップを重ねた結果

一番最初にチェッカー受けた

お見事

優勝おめでとうございます

510の活躍は嬉しいね




1_20181105212551c3a.jpg




2_20181105212552079.jpg




3_20181105212554e90.jpg




4_20181105212554b34.jpg




5_2018110521255608e.jpg




6_201811052125577d6.jpg




7_20181105212558bd6.jpg






遠征での参戦

この510は初筑波だったらしい

まだ詰める課題が残る中の好成績

今後に期待しちゃうよね

クリーンなホワイトボディが眩しいぜ

次戦も頑張ってね









2018.10 TSUKUBA 56号車





1_2018110222131218e.jpg




2_201811022213159ff.jpg




3_20181102221316e70.jpg




4_20181102221317e4c.jpg




5_2018110222132116c.jpg




6_20181102221321434.jpg




7_20181102221321f4e.jpg






ハイ

ミスターダブルエントリー

今回は大変そうでしたよ

予選、決勝共に

ZGの次のレースがコルチナ

ピットでは

おそらくダッシュで乗り換えていたはずだ

しかも

それぞれのレースで

かなりいい感じのバトルを展開

見ている方も楽しめました

ZGはお立ち台の総合二位

コルチナもクラス三位

さすがだ~

タフな一日、お疲れ様でした

そして

おめでとうございます









2018.10 TSUKUBA 29号車




国内のメジャーレースカテゴリーである

「スーパー耐久」

市販車ベースのツーリングカーで

各地のサーキット転戦し我々を楽しませてくれる

通常は500kmまたは3~4時間で行われるレースだが

2018年6月

国内では10年ぶり

開催場所の富士スピードウェイでは50年ぶりとなる

24時間での耐久レースが行われ話題になった

その過酷なレースを制したのがアウディだった

その名誉ある6人のドライバーの中に

「蘇武喜和選手」の名が残った




1T7A2626.jpg




もと筑波サーキットの職員という異例のプロドライバー

カートから英才教育でというのではなく

我々も身近なスターレットやシビックなどのレースからのし上がってきた

筑波育ちのプロドライバーは数少ない

が、その劣勢を跳ね除け

筑波サーキットという地域に根付いたコンセプトを基に活動している

その蘇武選手が満を持して

今回のTSに初参戦

厳しいスケジュールの中

数か月前からマシンのセッティングを繰り返し

この日を迎えた

言わずと知れた激戦区

そこでなんと

初参戦でポールポジションを奪った




1T7A1776.jpg




たまたま予選は最終コーナーで撮影していた

コーナー中盤からホームストレートに向けて

綺麗にスライドしてゆくサニーが印象的だった

見惚れてしまい撮影どころではなかったことをご理解ください

そうして人々の話題を独占し決勝に臨む

スタート直後

1コーナーに飛び込んできたのは9号車の佐藤選手




01T7A2557.jpg




蘇武選手は今回の優勝候補正美選手と並んで進入

その後競り負けたのか譲ったのか三番手にポジションを落とす

二周目終わりの三周目イン

その時だった

最終コーナー出口で砂埃が舞い上がった

蘇武選手の単独スピン

あ~

そしてその直後

1コーナーで正美選手と接触か

佐藤選手が回ってしまう

終わってみれば優勝候補の正美選手がレースを制していた

スピンからすぐさま復帰した蘇武選手

猛烈な追い上げを見せ

場内を盛り上げるも

マシントラブルか

途中リタイヤとなってしまった




1T7A1813.jpg




ピットで

某Fクラス某黄色のセリカの某氏(22番)とお話をしていたら

レースを終えた蘇武選手がヘルメットを脱ぎながらやって来た

リタイヤのわりには

爽やかな印象だった

あのスピンがなければね~

誰となくレースの話題になる

スピンさえなければ

もしかしたら…という雰囲気で

場がなごんだ

「いや、敗因はスピンじゃない」

某氏(22番)が重い口を開いた

「ポールを獲ったのに1コーナーを獲られたらダメだ

前に出られたら

簡単に抜かせる相手じゃない」

その通りだ

冷静な助言に場が引き締まった

静まり返ったピットに

某氏(22番)の言葉が続く

「抜かせるのはオレくらいだ」

重くて軽い一言に

皆が笑った

蘇武選手と某氏(22番)の師弟コンビ

今まで以上に暴れそうだ

あとで聞くと

ここだけの話しだけど

蘇武選手

リベンジに燃えているそうだよ

でもその前に

11月3日~4日

岡山国際サーキットで

スーパー耐久最終戦

75番のアウディで参戦するぞ

みんなで応援だね!




1T7A2637.jpg














最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示