FC2ブログ

2019 NISMO





1_20191229193749107.jpg




2_20191229193750e41.jpg




3_201912291937544a1.jpg




4_20191229193754f2c.jpg




5_20191229193754bb4.jpg




6_20191229193805a5d.jpg




7_20191229193810ca7.jpg




8_20191229193810cfc.jpg




9_2019122919381178f.jpg




10_2019122919381954d.jpg




11_20191229193831326.jpg




12_201912291938499d3.jpg




13_201912291938388fe.jpg




14_201912291938424de.jpg




15_20191229193839918.jpg




16_201912291939032bf.jpg




17_201912291939007e9.jpg




18_201912291939027e0.jpg




19_2019122919390329f.jpg




20_2019122919390544a.jpg




21_201912291939282f8.jpg




22_20191229193930ffd.jpg




23_201912291939311cf.jpg






今回のニスモは

インフィニティさんやJCCAさんのご協力を頂きまして

今まで苦労していた駐車場は

パドックに止められて

関係者さんと同様に早朝から場内に入れました

ニスモとなると

一般入場だと人が多すぎて

展示してあるマシンを撮るのにちょ~苦労していたので

大変助かりました

この場をお借りして

ありがとうございました

日の出前

6時くらいから入場できたので

(前日は会社のパワハラ忘年会でして

かなりの強行スケジュールでしたw)

ゆっくり展示マシンを撮っては

関係者の皆さんといろいろお話しできたりして

楽しかったですねー

撮影の方は

早朝のパドックで

オレンジ色の日の出直後の太陽光に苦労したり

いざレース本番にダンロップに行くと

午前中の早い時間だったので

ものすごい逆光でお手上げ状態

移動する時間もなく

いろいろ考えながら撮影に挑みまして

どうにかギリギリ?

記録を残すことが出来ました

そのおかげで

また新しいテクを身につけることが出来たので

今後にも生かしたいです

まぁ、それにしてもニスモは厳しい

ステッカーサポートマシンは撮らねばならぬ

レイトンもしかり

感覚的には全てまとまって走ってくるから

しっかりと選んで撮らなければならない

選んでいるとすぐうしろのマシンは撮れない

接近戦でそれを繰り返しているとダメでしょ

もう必死w

これ撮ってあれ撮った

あーこっちも撮らなきゃって

JCCAだとTSとFとSクラスが混走してる感じだから

もうパニック

でも冷静に撮らなきゃいけない

ん~

ニスモは難しい

っていうか

他のマシンはほぼ撮れないー

ステッカー貼ってもらった意味があるってねw

まぁ

出来る範囲で撮りますねー








スッテッカーといえば

来季から

いよいよ510にもステッカーマシンが登場する予定

自分が行けるのは富士だけになるだろうけど

いい写真残せるように

頑張りたいです




24_20191229193936475.jpg




25_201912291939362d7.jpg




26_2019122919394839e.jpg




27_201912291939514ed.jpg




28_20191229193951155.jpg




29_2019122919395301a.jpg






CRUISE FOCUS のステッカーを貼るんだから

タイムも結果も期待してますよっ!(圧)

皆さんの応援もよろしくお願いします!









スポンサーサイト



2019 NISMO 2号車




1_201912271952240f9.jpg




2_20191227195226527.jpg




3_201912271952274c9.jpg




4_20191227195230d87.jpg




5_201912271952287ac.jpg




6_20191227195240cf1.jpg




7_201912271952417fb.jpg




8_20191227195243503.jpg




9_201912271952444b0.jpg






それまで

ニスモには出ないと言っていた坂本さん

富士に行ったら2号車があったから驚いた

聞けば、急遽出場することになったらしい

前日のチェック走行などの調子を聞くと

坂本さんご自身がまだ富士にはシックリきていないような感じ

筑波がホーム

富士は練習もままならない状況で

レースを機にマシンをセットアップしながらな状況

ポテンシャルは実績のあるマシンなので

あとは坂本さん次第なのかもしれない

とは言え

走れば走るほど

タイムは出ている

筑波のTSクラス別でのレコードホルダーが

このまま黙っているはずがない

富士でどこまで行けるのか

坂本さんの挑戦は続く

筑波のあのレースが蘇るなぁ~

ちょーカッコよかった!

あのレースはここクリックでジャンプ









2019 NISMO 臼井号





1_20191223183730d77.jpg




2_2019122318373742a.jpg




3_20191223183736987.jpg




4_20191223183736e5e.jpg




5_20191223183735fd3.jpg




6_20191223183747563.jpg




7_201912231837560ee.jpg




8_20191223183751644.jpg




9_2019122318375229c.jpg




10_20191223183753ff5.jpg




11_201912231838073ec.jpg




12_201912231838088a4.jpg




13_201912231838105f2.jpg




14_20191223183813f5f.jpg




15_20191223183813b5a.jpg




16_2019122318382435c.jpg






ニスモは各クラス混走だから

面白い

でもその関係で16号車が2台いるね

110の臼井さんとレイトン正彦さん

臼井さんは言わずと知れた東名チューンのA型を積む

前日のチェック走行で抜群の速さを見せつけた

クラス別ではダントツのトップ

レース本番も安定した速さ

ストレートでは本人も満足するほどのトップスピードだったようだ

レーシングジャケットはカッコいいだけじゃないらしい

結果は当然クラストップ

総合でも上位に食い込んだ

それでもまだ足回り?タイヤ?課題はあるようで

来期も楽しみですね!




そんな臼井さんを

レース中に邪魔する方がいた

証拠写真を撮っちゃった




B18I0155.jpg




B18I0166.jpg




某アドバンカラーの

某24号車の

某布浦さんが

頑張って追い上げ途中にご覧の通り

ご本人いわく

頑張っちゃって

危なくなっちゃったから

ヤバいと思って

アクセル踏んで自らクルクルまわって

回避したんだって

ホントなのか

偶然なのか


さ…、さすがだね!

見てる方はヒヤヒヤしたぞ~









2019 NISMO 15号車





角目のレイトン

事前の練習走行でオイルポンプトラブルで

致命的なエンジンブロー

ニスモまで時間がない

が、弱音は吐かない

総動員でニューエンジンを作る

TSだけじゃなくレース業界で顔が広いおーのさん

恐らく様々な方々からの協力があったのだろう

キッチリ前日までにマシンを仕上げてくる

普通ではあり得ないことを

あっさりと成し遂げる

たぶん

いや

おーのさんだから出来ることで

並大抵の人には出来ることではない

そんな魂のこもったマシンで

ニスモ祭りで羽ばたいた




1_20191218183308ff8.jpg




2_2019121818331318f.jpg




3_20191218183314bfb.jpg




4_20191218183311d1d.jpg




5_201912181833230ac.jpg




6_201912181833178bb.jpg




7_20191218183338e18.jpg




8_20191218183342169.jpg




9_20191218183342211.jpg




10_20191218183340423.jpg




11_20191218183343108.jpg




12_2019121818334481b.jpg






マシンは調子よかったのだろう

ガンガン攻めて

スピンをしながらも無事に完走(笑)

注目度の高いマシンで

楽しみながら

果敢に攻めながら

富士スピードウェイを走り抜いた

正彦さんや雨宮さんとういう

トップドライバーの先生のもとで

速くならないはずがない

そんなおーのさんに

来シーズンの期待が高まる

ちょー応援だね!

究極のレイトンマニア

頑張れ!おーのさん!









2019 NISMO 28号車





1_20191212182211bad.jpg




2_2019121218221312d.jpg




3_2019121218221866e.jpg




4_20191212182224edf.jpg




5_2019121218221709a.jpg




6_20191212182236dc4.jpg




7_20191212182240445.jpg




8_20191212182239837.jpg




9_2019121218224648d.jpg




10_20191212182244ae8.jpg




11_2019121218225790b.jpg




12_20191212182259600.jpg




13_20191212182301936.jpg




14_20191212182303479.jpg




15_2019121218230463c.jpg




16_20191212182314b2b.jpg




17_20191212182315352.jpg




18_20191212182317d0e.jpg






ステッカーマシンの雨宮さんは4番手スタート

何と言っても

このキリッとしたレイトンスポーツがカッコいい

よほど調子が良かったんだろう

レース前から

ヤル気マンマンで

上位陣の中で暴れる宣言するくらい

スタートもビシッと決めてトップグループキープ

気が付けばトップに踊り出て

入れ替わりもありながら

レース中半分くらいはトップを走っていたんじゃないかな

見ていても気合十分

ミラーでうしろなんか見ないで (きっと見てはいるんだろうけど)

誰もいない前をにらんで突っ走る

そんな印象の走りだった

もうね

ちょ~カッコよかった

密かに狙っていたポジションは獲れなかったけど

それに値する走りだった

菊地さん、正彦さんに続いて3番手でチェッカー

速くて魅せる

ホント

カッコいい

正彦さんと接戦していると

撮影出来るか不安だったけど

そんな心配は不要だった

堂々と何周もトップを走り

たくさん撮れた

マジでカッコいいんだから

レイトンスポーツ

来シーズンは何回優勝するのかな

ちょ~期待

頑張れ!

レイトンスポーツ

頑張れ!

雨宮さん

頑張れ!

チームインフィニティ









リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR