FC2ブログ

2018 FUJI JAMBOREE TS #16




朝までの豪雨

のちに晴れ

路面はヘビーウエットからドライへ刻々と変化する

難しいコースコンディションの予選

ダンロップでカメラを構えた

16号車のレイトンを操る正彦選手

安定かつ速いのが見ていてわかる




1T7A5765.jpg




1T7A5792.jpg




1T7A5737.jpg




あとで確認すると

1秒以上の差をつけてポールゲット

二番手には40号車の正美選手

ダンロップで不調そうに走っていた印象があったので

少し意外だった

決勝はドライ勝負

自分はコカコーラでカメラを構えた

スタート直後

遠くに見える1コーナーから

かろうじてトップでレイトンがやってきた

しかし

コカコーラ手前で40号車に並ばれ

進入ではインを譲ってしまった




1T7A6512.jpg




1T7A6515.jpg




2周目では4台の団子状態のなか

緊迫でかろうじてトップを死守




1T7A6522.jpg




1T7A6524_2018080517331707e.jpg




3周目

団子状態が少々バラけ

安心してトップを走る姿を追うことが出来た




1T7A6543.jpg




1T7A6544.jpg




しかし4周目

2分弱のあいだに何があったのか

40号車がトップでコカコーラをクリアした

レイトンは必死にくらいついているが

やや遅れ後続車にも張り付かれていた




1T7A6560.jpg




5周目

おそらく

ホームストレートから1コーナーと

接戦が繰り広げられ

コカコーラのインを獲ったのはお見事レイトン

2番手はなんと3号車の菊地選手

40号車は3番手

そして先頭集団がバトルしているうちに

徐々に45号車の羽根選手も団子に加わりつつ迫る

6周目

ギャー

何が起きているんだ

なんとレイトンは3番手

しかも45号車が背後に迫ってきている

そしてファイナルラップ

混戦の1コーナーを制したのは40号車だった

やられた

オープニングラップが頭をよぎる

1コーナーからコカコーラで40号車にやられている

1コーナーの結果を確認後すぐに

コカコーラ進入を狙うためにファインダー超しに

TSマシンがやって来るのを待った

そこに飛び込んできたのは

トップの40号車のアウトに並ぶレイトン!




1T7A6608.jpg




目を離したすきにとんでもないことが起こっていたようだ

そしてそのままアウトからレイトンが突っ込んでくる




1T7A6611_201808051749236b0.jpg




粘る

踏んばる

突き進む




1T7A6612.jpg




見たことのないコーナーリング

ブラックマークを残しながら40号車を押さえ込んだ




1T7A6614.jpg




どう見ても

レコードラインをトレースしたのは40号車だった

そしてその背後の3号車だった

ゴーストラインを導いたレイトン

コーナー出口では行き場を失った40号車が

50センチまで接近する




1T7A6615.jpg




しかし圧巻のレイトンには追いつけなかったのだろう




1T7A6622.jpg




チェッカーはレイトンのものになった




1T7A6652.jpg




1T7A6654.jpg




1T7A6656_20180805175710fec.jpg




自分が勝手に思ったことだが

このラストのコカコーラでの争いで

40号車の正美選手は「負け」を感じたのではないだろうか

正彦選手はここで「勝利」を確信したのだと思う

壮絶なレースを

見事に制したレイトン操る正彦選手

ナイスレースでした

自分の中では今までで一番のレースでした

そんなレースを撮ることが出来て感無量

これ以上のレースを見ることがあるのかな




1T7A6546.jpg













2018 FUJI JAMBOREE JAPAN RUN Random Vol.6





0 (1)




0 (2)




0 (3)




0 (4)




0 (5)




0 (6)




0 (7)




0 (8)




0 (9)




0 (10)




0 (11)




0 (12)




0 (13)




0 (14)




0 (15)




0 (16)




0 (17)




0 (18)




0 (19)






朝から午前中はいつものダンロップで予選を撮影

昼ころにパドックに戻ってクラッシックサニーを撮って

合間におにぎりを口に押し込み

お茶で流し込む

午後からはコカコーラコーナーで撮ることにしていた

カメラマンゼッケン付けてるからコースサイドで撮れるんだけど

入口が限られていて

コカコーラに行くにはけっこう遠い

パドック出てヘアピンのアドバンコーナーの上の方に自転車を乗り捨て

脚立をかつぎヘアピンを降りていき

入り口からひたすらコースサイドを歩いてコカコーラに向かう

やっとのおもいで到着して撮影開始

移動が厳しくなるのは想定していたので必要最低限の荷物しか持たない

甘かった

午後のPクラス決勝やジャパンラン1を撮影し

その後に備えカメラをチェックしていると

バッテリーが少ないことに気付いた

や、ヤバい…

予備のバッテリーはパドックのクルマの中

注目のTSからラストのジャパンラン2まで空き時間はない

今なら少し空き時間がある

ヘアピンまで戻って自転車でパドックまで

バッテリー持ってまた戻る

万が一遅れてTSに間に合わなかったらマズい

バッテリーはギリギリでラストのジャパンラン2まで持つのか不安

遠くを見ながらそんなことを必死で考えていたら

コカコーラの向こう側のコーナーポストが目に入った

あれ?あんなところにポストがあったんだ…

レース状況などをいろんな旗を振ってドライバーに知らせるところね

あのポストにいる人たちはどこから来たんだろう

もしかしたらあの近辺に入り口があるんじゃないか

賭けだ

ポストに向かう

付近に入り口発見!

ここからならパドックがかなり近い

この入り口発見はデカいとか思いながら

パドックに戻りバッテリーをゲット

ニュー入り口に向かおうと思ったが

少し悩み、帰りのことを考えて

ヘアピンまで自転車を取りにいく

自然に早歩きになっていた

もう用はないぜ!ヘアピン

と、自転車を取り戻し

パドックを通りコカコーラ先のニュー入り口に向かう

近いところに自転車を置いてニュー入り口をくぐって

コカコーラへ

あれやこれやと無事に撮影終了

ジャパンラン2のラストラップ途中で切り上げた

カメラをしまい脚立をかつぎニュー入り口に向かう

ポストの方々に軽く挨拶して自転車に向かった

風で倒れたのか自転車を起こして

パドックに向かった

坂を登ってパドックの入り口にたどり着いた

あれ~…

なんとパドックへの門が閉まっていた

マジかよ~と

長い門を開けようと開け口に向かった

はっ?

カ…カギが…かかってる…

どうしよう

ぐるっと回って反対側に行けば戻れるだろうけど

どれだけの時間がかかることか…

あたりを見渡しても関係者の姿は見えない

門の向こう側では

走り終えたジャパンラン2の方々が盛り上がっている

お知り合いも見当たらない

どうする…

背丈を超える門を見上げ悩んだ

すぐ先に帰り道があるのに門で閉ざされている

何か手はないのか




01ea0d8092330aa014745e22af33cafa4faf0b4828.jpg




あっ

すぐに行動に出た

見つかって怒られたら事情を説明して謝ればいい

脚立を門の前に立て

自転車をかついで脚立に登る

火事場のなんとかで自転車を持ち上げ

門を超えてパドック側に持っていく

が、高さがあり自転車が地に着かない

しょうがない

出来るだけ手を伸ばし

プルプルしながら

自転車を軽く投げた

プルプルの甲斐があってほぼ無傷ですんだ

いったん門の外に戻り

次は脚立

門のはじの方にアスファルトが切れて砂利のような草むらのようなところがあったので

そこにそっと投げ入れた

無事に着地

残されたのは自分自身のみ

門のあらゆるところを駆使して頂上までよじ登った

カメラだけに気を使い躊躇なくパドック側に飛び降りた

若干の足へのダメージがあったものの

無事に生還することが出来た

まわりには誰もいない

脚立を取りにいき

自転車を起こし

何食わぬ顔してパドックに戻った

わずか数分間

生きた心地がしなかった








2018 FUJI JAMBOREE JAPAN RUN Random Vol.5




1_2018051218195083e.jpg




2_2018051218195271f.jpg




3_2018051218195266a.jpg




4_201805121819555ed.jpg




5_20180512181955f98.jpg




6_201805121820071ec.jpg




7_20180512182008c4c.jpg




8_201805121820102d4.jpg




9_2018051218201190e.jpg




10_201805121820131a5.jpg




11_20180512182021307.jpg




12_2018051218202381f.jpg




13_201805121820241c4.jpg




14_2018051218202643f.jpg




15_2018051218202739f.jpg




16_2018051218203598b.jpg




17_20180512182037c4d.jpg




18_201805121820389f8.jpg




19_201805121820404ca.jpg






今回のジャンボリーはいつも以上にいろいろあった

夜明け前からの台風並みの豪雨

でも前日から予報では昼までには晴れ

本当なのか?

信じられないほどの強い雨に強風

もう予報を信じるしかなかったねw

予選が始まる8時頃から雨は止みだして

予報通りの晴れに向かってなによりだった

自分的なことだけど

その雨が止むまでの数時間

カメラマンのゼッケンみたいのあるでしょ

「PRESS」とか書いてあるベストみたいなの

あれがないと当然コースサイドとか入れない

レース撮影であると無しでは雲泥の差

その生命線のゼッケンがなかなかもらえなくてちょ~焦った

正確には

富士のその担当者さんがなかなか出社してこなかった

悪天候で遅れたのか

特に時間の決まりがないのか

昨年はすぐに手続き出来たんだけど

今回は担当者さんがいないから話にならない

それもらってから

落ち着いてピットやパドック撮りたかったんだ

今回はクラッシックサニーもあったから

それぞれでいろんな方とご挨拶やクルマのお話をしながら

ちょこちょこと事務所に向かうも明かりは点かず

7時すぎだったかなぁ

ゼッケンのタバ持った担当者さんがやっと来た

それを持って事務所に入ろうとしたのがわかったタイミングで

「あ!それ…、手続きしたいんですけどいいですか!」

あまりの迫力に担当者さんも「あ…ハイ、いいですよ…どうぞ中に…」

そうしてやっと手に入れたゼッケン

これさえあれば!と、やっとカメラを出して撮影開始

朝からの撮影スケジュールが

ゼッケンの手続きと豪雨に流されちゃってね

事前のスケジュールでは

朝一からクラッシックサニー漬けの予定だったんだけどね

朝は一枚も撮れず…

しょうがないね

それからね…

長くなっちゃったからまたね~




01737f8c6c2704df877ca293d2ebf9660ec4332d27.jpg




写真もらった








2018 FUJI JAMBOREE JAPAN RUN Random Vol.4




1_201805081626320d3.jpg




2_20180508162635ae1.jpg




3_2018050816263554e.jpg




4_201805081626384fa.jpg




5_20180508162638579.jpg




6_20180508162646054.jpg




7_201805081626476d2.jpg




8_201805081626490ac.jpg




9_20180508162650685.jpg




10_2018050816265126a.jpg




11_2018050816265807a.jpg




12_20180508162700dc8.jpg




13_201805081627017ba.jpg




14_20180508162703b51.jpg




15_2018050816270473a.jpg




16_20180508162712653.jpg




17_20180508162714235.jpg




18_2018050816271594c.jpg




19_201805081627164f5.jpg






やっぱりサーキットを走る雄姿は違うね

当たり前だけどストリートとは雰囲気が全然違う

ストリートは様々な季節感や生活感がクルマとリンクする

サーキットはいかに速くクルマを走らせるか

どちらも同じ言葉なんだけど「カッコいい」

言葉ってラクしてるよねw

何時間も手間暇かけてじっくりコトコト

見栄えまで美しく仕上げられ

ナイフとフォークでそっと口に運ぶなんとか料理

採れたての旬な野菜を味付けもなくそのままガブッと

出てくる言葉はどちらも「ん~!美味しい!」

ん…

簡単な言葉ほど

奥が深い

でも

単純明快

言葉ってラクしているようで凄いよね

上手に使いたいね~








2018 FUJI JAMBOREE JAPAN RUN Random Vol.3





1_20180505235847a84.jpg




2_20180505235903606.jpg




3_2018050523590428e.jpg




4_20180505235902b18.jpg




5_2018050523590257e.jpg




6_20180505235929914.jpg




7_20180505235928280.jpg




8_20180505235929c93.jpg




9_20180505235932161.jpg




10_20180505235927a31.jpg




11_20180505235948461.jpg




12_2018050523595325e.jpg




13_20180505235954702.jpg




14_20180505235955b3e.jpg




15_20180505235955185.jpg




16_2018050600001467f.jpg




17_20180506000016298.jpg




18_20180506000017360.jpg






ジャパンランは

なるべく多くの方々の写真を撮りたいと思っているので

ファインダー越しに必死にマシンを追います

スタートすると

先導者に連れられて

みんながやってくるわけ

先導者が頭を押さえてるから

スローペースでほぼ等間隔になってやってくる

先頭のマシンを捕らえ

すぐさま次のマシン

遅れないように次のマシン

その繰り返しが…感覚的には永遠に続くんだよねw

え~、まだか…

ラストはまだ~、どのマシンがラストなの~

みたいな感じ

もうね

息が出来ないというか

窒息しそうというかw

で、ラストのマシンを確認すると

いやいや、これは相当気合い入れないとマズいぞ…

みたいな気持ちになるんだけど

意外や意外

二周目からは

それぞれのタイム差があるので

わりと間隔があいてくるのでホッとするんだよね

でも

それに気付くまではドキドキでさ

気合い入りまくりみたいなねw

ホッとしても

台数が多いから

まぁ大変は大変なんだけどね

あの一周目の何とも言えない息苦しさが

やめられないんだよね~

いや

そんなことはない








最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示