Thank YOU 2013

2013年が終わろうとしております。

一年間、CRUISE FOCUS をご覧戴き誠にありがとうございました。

この CRUISE FOCUS や、我が愛機 CRYSTAL BIRD のおかげで

沢山の方々と知り合うことが出来て

沢山のお話をする機会を得て

何より沢山の写真を撮らせて戴きました。

ご覧いただいている方を含め、皆様にはあらためて感謝しております。

当初、ネタが切れた時には古い写真でもいいからとりあえず掲載してみよう!

が、気が付けば毎日連投w

そのままなんとか一年間は頑張ってみようと決意し、

つい10日ほど前、その自分に課したノルマを達成することが出来ました。

ここに保存し、記事に使った写真だけでも2700枚

撮影した写真は数万枚

1万枚や2万枚ではすまないはずです。

その多くは失敗や納得出来ない写真とは言え、我ながらよくやったとニヤけております。

記事に書いたこともありますが、雑誌とは違うスタンスの写真で

オーナーさんが喜んでくれるようなものを撮りたいと日々思っておりました。

文章に頼ってしまったり、自分勝手なことを書いてみたり、妄想が膨らみすぎた文章になってしまったり・・・

でもまあ、なんとなくそんな感じでいけたんじゃないかと自負しておりますが、

正直、自分でもちょっと頑張りすぎた感があるところです。

来年からはちょっと肩の力を抜こうと思っております。

毎日連投は出来ないかもしれません。

文章も楽して書かないかもしれません。

でも、写真の質は落とさずに更にいいものが撮れるよう頑張る決意でございます。

どうなるかわかりませんが、来年もどうぞよろしくお願い致します。

そして、いろいろな思いを込めてすべての記事を読み直してみました。

当たり前ですが、全ての写真と記事が自分好み。

写真のレベルもかなり上がっています。

その中でいくつかの写真が、今年のキーになっていたように思いました。

2013年のラストはそんな自分目線な写真をご覧下さい。







1_201312301611584b3.jpg

この写真が凄く自信となり、そして写真で人とつながる楽しさを知りました。









2_20131230161201cda.jpg

あのSPEED HUNTERSに掲載されたのも嬉しかったが、
それ以上にマイクさんに出会ったことが後々いろいろと活きた。
英語も話せないのに、知らない外国人に話しかける自分にも驚いた。









1_convert_20130202125333_20131230210648bc8.jpg

いくつもの賞を獲った有名な写真家の写真展を六本木まで見に行った。
自然とか風景の写真家だが勉強の為にと。
30枚ほどの作品の前で、先生!先生!と15分~30分で人々が入れ替わっていった。
その中で3時間くらいそれぞれの写真を観察していた。
閉館の時間になり、一枚の写真の前にずっと立っている自分に先生が話しかけてきた。
「この一枚を撮るのに何十枚も撮ったんだよ」と。ん?疑問を問いかけた。
「プロの方でも何十枚も撮るんですか。何十枚の中のどうしてこの一枚なんですか」
そしたらね、目の色変えていろいろ教えてくれた。すごく参考になった。
このブログでも役に立ってる。
気を良くして帰りに六本木のこれらの写真を撮った。
撮影後、カメラをしまう時に手を滑らせ大切なカメラを壊してしまいひどく落ち込んだ。









3_20131230161202ed7.jpg

あ、雑誌じゃこんな撮り方しないだろうなぁと思ったショット。
雑誌はそのクルマを紹介して詳細をいろいろ説明しなきゃいけない。
CRUISE FOCUS はそんな説明は必要もないし、まず出来ない。
自分が好きなように撮っていいんじゃないかと、方向性が見つかった。









4_201312301612032d6.jpg

うぉ!これすげ~っ!と自分でも驚いた。
ボケの中で輝く反射光とFLAMES。
クルマはキッチリ撮らなくても面白いんだなあと気付いた。
その後に多大なる影響を与えたショット。









5_201312301612041ac.jpg

思い切った構図とボケの写真もありだと実感した。









6_201312301612319fd.jpg

なぜか妄想な文章が浮かんでしまったショット。
訳がわからぬ擬人化の始まりだった。
それにもかかわらず、オーナーさんが写真に喜んでくれた。









7_20131230161232996.jpg

中古だけどいいレンズを奮発した。
そしてレンズの違いを実感し、その世界に足を踏み入れてしまう。









8_20131230161234143.jpg

このクルマの写真だけは誰にも負けたくない。
その想いが強まった。









9_2013123016123591a.jpg

自分で撮った写真なのに感動し、工場夜景の魅力にはまった。









10_20131230161237ea3.jpg

実は前日に、駐車場で自分のクルマを前にどのくらい離れて
どのくらいの高さがいいか、カメラのセッティングはどうすればいいかと
何枚も何枚も繰り返し練習した。









11_20131230161255ed3.jpg

撮影後、画像チェック。うわっ、また失敗だ!
その後あれ?と、失敗の中にも得るものがあるんだと実感したショット。









12_20131230161256431.jpg

決定的な瞬間に芸術を加えたような見事なショット。
食べた瞬間だとつまらなかった。
そうだ!食べる直前のあ~んを狙おう。
GWの夕方はすべてこの写真に情熱をそそぎ数千枚撮った。
実は出すところに出しても通用するんじゃないかと、いまだに勘違いしている。









13_20131230161257967.jpg

この方のおかげでレースとの関わりが深まった。
そしてレースの見かた撮り方まで変わった。









14_20131230161259121.jpg

流れ具合、クルマの角度、ピント、色合いなどなど、理想の流し撮りが撮れた。
そして、太陽の向きや影、時間や撮影場所まで限られた条件の中で
どう撮ったらいいか考えるようになった。









15_201312301613010ad.jpg

想いがつもり、四日市までCRYSTAL BIRDでノンストップで激走。
知らない土地で、深夜に折り畳み自転車で疾走。
そして工場撮影。翌朝、滋賀のイベントに参加してその日のうちに帰宅。
それらの行動は自分でも普通ではないと認識した。









16_20131230161320d87.jpg

憧れの黒部ダム、晴れていたことへの感動。









17_20131230161322af3.jpg

同じ写真ばかりじゃつまらない。
ヒラメキも大切と思った。用水路に潜り込み濡れながら撮影。
自分用語で現場力と名付けている。









18_2013123016132396a.jpg

どうってことのないCRUISE FOCUS SHOTに見えるでしょ。
この感じだよ!これだよこれ!って自分の考えが合っていたことを確認できた。
その考えに行きついたことに成長したなぁと思った。









19_20131230161325801.jpg

カメラを濡らしたくなかったので撮影を躊躇していた。
でもこのクルマが来た。重い腰を上げ撮った。
そして雨でも諦めず撮るべきだと思わせてくれたショット。
その後のイベントで雨が多かったので、これ撮ってなかったらどうなっていたか。









20.jpg

今年一番のお気に入り。
510達のバランスとボケ具合と波と太陽の反射光。
撮った時はどうしても入り込んでしまう人が気になったが、
今ではそれが雰囲気を創ってくれているんだと思っている。









21.jpg

目の前での悲劇、悲しくて辛くて写真を前に涙した事もありました。









22_2013123016134963f.jpg

え?なに?なんで部屋の中がこんなにオレンジなの?
振り返ると夕焼けがすげ~綺麗じゃん!
こんなに綺麗になるって予想くらい出来たんじゃないか。
あ~失敗した。無理だ!もう間に合わない!
いや、ダメもとで自転車ダッシュ!
即行動が功を奏し、わずか数分の一番いい時間帯が撮れた。









23.jpg

調子に乗って書いてしまった記事。
何度も取り消そうと思った。
今でもちょっと後悔している。
でも、書いて公開したことで確信したこともあった。









24.jpg

撮った時にもそこそこ自信はあったが、まさかこんなにいい出来だとは自分でも驚いた。
大好きなクルマを大好きなビルダーが手掛け、それをこんなに綺麗な形で残せたことが嬉しかった。
そしてクルマが写真に負けてるという、独自の表現で喜んでもらえたことに感動した。











25.jpg






よいお年をお迎え下さい。







atsugi yeah!





1_2013123001520771c.jpg




2_201312300152099e8.jpg




3_201312300152117d2.jpg




4_2013123001521590e.jpg




5_20131230015219ac7.jpg




6_2013123001524137e.jpg




7_201312300152434de.jpg




8_20131230015247867.jpg




9_201312300152495f1.jpg




10_20131230015251125.jpg




11_20131230015315cc2.jpg




12_20131230015316963.jpg




13_20131230015318581.jpg




14_20131230015327d48.jpg




15_2013123001532981e.jpg




16_20131230015351805.jpg




17_201312300153533ed.jpg




18_20131230015355719.jpg






何があるわけじゃないのに

みんなよく集まるね

きっと

目には見えない

言葉では表現できない

何かがそこにあるのだろう

訪れたものにしかわからない

何かが

それを確かめるには

そう

来るしかないんだ







Atsugi PArty Night 3!!!




1_20131229083624a29.jpg




2_20131229083625905.jpg




3_20131229083627fca.jpg




4_20131229083628767.jpg




5_20131229083634d05.jpg




6_20131229083648430.jpg




7_20131229083649c10.jpg




8_201312290836514ec.jpg




9_20131229083652857.jpg




10_20131229083654491.jpg




11_20131229083711b6a.jpg




12_201312290837129f7.jpg




13_20131229083713e7b.jpg




1T7A7283.jpg






キンキンに冷えきったアスファルト

凍えるような寒さ

静まり返った深夜のパーキング

一台

また一台と

続々と集まる

気が付けば数十台に膨れ上がり

さっきまでとは別のパーキングへと変貌してゆく

ワイワイ

ガヤガヤ

楽しそうにして

嬉しそうに話して

クルマなんか眺めちゃってさ

寒いのに

よく来るね

でも

そんなヤローどもが

大好きなんだ







night view





1_20131227235158aa3.jpg




2_20131227235200b7e.jpg




3_201312272352023fd.jpg




4_20131227235204d24.jpg




5_20131227235206c60.jpg




6_2013122723522340b.jpg






聞いたよ

実はこういうの

好きな人

多いらしいじゃん

言ってよ~

自分だけかと思っちゃうじゃんw







elegant





1_2013122522544474c.jpg




2_201312252254469cb.jpg




3_20131225225448b02.jpg




4_20131225225451122.jpg




5_20131225225452168.jpg




6_20131225225516461.jpg




7_20131225225518972.jpg




8_20131225225520e2a.jpg




9_20131225225528c75.jpg




10_201312252255350bc.jpg






ど~です

このコンディション

オリジナルのカッコよさ

どれだけ大切にされているのだろう

クルマ自身は不満あるのかな

聞いてみたいな

雨に濡れてどう思っているんだろう

雨具とか欲しくないのかな








gorgeous muscle





1_20131223104635d02.jpg




2_201312231046409b9.jpg




3_2013122310464208a.jpg




4_201312231046448fe.jpg




5_20131223104646ba9.jpg






見とれるほどの創り込み

ゆっくり走ろうぜ~

このクルマは飛ばしちゃいけない

もうマッスルじゃないんだ

街中をデロデロ気取って流す

注目の的だぜ~







take 2





1_20131223095421ea2.jpg




2_201312230954233a6.jpg




3_20131223095427977.jpg




4_2013122309542917d.jpg




5_2013122309543108b.jpg




6_201312230954499c0.jpg




7_201312230954501b6.jpg




8_2013122309545204e.jpg




9_20131223095454011.jpg




10_201312230954563ff.jpg






あれ?

以前の時と雰囲気が違う

いや、だいぶ違う

以前見たスタイルも衝撃的だったけど

うまいな~

カッコいいことに違いはないんだ

だけど

なんて言うのかなぁ

懐が深いと言うか

ちゃんと

考えながら

楽しみながら

がむしゃらではなく

夢中で

カスタム

出来そうでなかなか出来ない

なんだかすごく勉強になる

次はどうなってるんだろう

そんな期待を勝手にしてしまう

素敵でお洒落なクルマだ







s-size





1_2013122210023339a.jpg




2_2013122210023470b.jpg




3_20131222100236276.jpg




4_20131222100237231.jpg




5_201312221002391a1.jpg




6_20131222100255280.jpg




7_20131222100257d4e.jpg






小さくったって

ガンガン走る

トコトコ走る

ゆっくり走る

ブイブイ走る

ワインディングは道幅が狭いから

小さい方が走りやすい

そういえば

気のせいだと思うが

ビートな方々は

は や い







image





1_20131222094655f49.jpg




2_2013122209465661b.jpg




3_2013122209465844d.jpg




4_20131222094700d93.jpg




5_20131222094702b41.jpg




6_20131222094737040.jpg




7_20131222094739f97.jpg






素敵なペイントが目に入る

どうしたらこの不思議なデザインを

こんなにも普通に魅せることが出来るんだろう

そこが狙いなんだろう

デザインってイメージからなのかな

ペイントの技術も凄いけど

やっぱりセンスがものを言う







morning




1_20131219192908d7f.jpg




2_20131219192909f18.jpg




3_201312191929115b7.jpg




4_20131219192912683.jpg




5_20131219192913424.jpg




6_20131219192927182.jpg






みなとみらい

ご存じの通り夜景は最高

見どころいっぱい

でも静まり返った朝の6時半

そんな時間もなかなかよかったぜ

天気にも恵まれちゃって

見ての通り

真っ青な空

オブジェや建物や日本丸が引き立つ

早朝のキリッとした空気が創りだしてくれているんだろう











あ~っ!

クルマじゃないからって

さ~っとスクロールして見てたでしょw

CRUISE FOCUS にだまされるな

さあもう一度







1_20131219192908d7f.jpg




2_20131219192909f18.jpg




3_201312191929115b7.jpg




4_20131219192912683.jpg




5_20131219192913424.jpg




6_20131219192927182.jpg






よ~く見た?

ゆがんじゃって変なのがあったでしょ

えっ?

じゃあもう一回







2_20131219192909f18.jpg




5_20131219192913424.jpg






わかった?

なんか変でしょw

失敗じゃないからねw













ちゃんと見てくれよ~www




7_20131219192928899.jpg




8_201312191929292df.jpg













graphics




1_20131213174525d36.jpg




2_20131213174526b5b.jpg




3_201312131745296aa.jpg




4_20131213174530832.jpg




5_201312131745318e4.jpg




6_20131213174541f43.jpg




7_20131213174543730.jpg






ハーイ、グラフ!

調子はどうだい

ハーイ、ボス!

もちろん最高よ!

ジャパンでのショーもなかなかナイスじゃない!

見てよ!ジャパニーズ達は私に夢中よ!

そいつはよかったぜグラフ・・・

ところでこの前のはなしのつづ

ノーッ!絶対にいやよ!

どうしてこんなに派手で綺麗なペイントなのに

マットペイントでエンジなんて地味なのにしなきゃいけないのよ!

ボス!いい加減に目を覚ましてよ!

Starlite Rod & Kustom は私とエリックが看板なんでしょ!

知ってるわよ!ボス!昔付き合っていた人を思い出してるんだって?

な、何を言っているんだいグラフ、昔のこと

パンプキンって言うんでしょ!

ボスはデブ専で趣味が悪いって陰でみんな笑ってるわよ!

わ、わしはどう言われようが構わないが、彼いや彼女のことを悪く言うな!

?あら、本音が出ちゃったわねボス。

あれ、向こうにいるあの大きなお尻はパンプキンじゃないの?

ちょ、ちょとボス!ボスってば!

も~、冗談で言ったのにダッシュで探しに行っちゃった。

子供みたい。

でもそこがかわいいのよね~







road-star




1_20131219083100b25.jpg




2_20131219083101f8b.jpg




3_201312190831021ba.jpg




4_20131219083104841.jpg




5_2013121908310565f.jpg




6_20131219083128c7b.jpg




7_2013121908312994d.jpg




8_201312190831313c4.jpg




9_20131219083132bf7.jpg






神からの贈り物

ロードスター

素敵だ

どんなボディーカラーもしっくりくる

不思議なクルマ

本気で走りな仕様もあったり、遊びと割り切りもあり

お洒落な感じもありで

面白いクルマ

クイックなハンドリングや

なんといっても開放感はたまらないだろう

アフターパーツも豊富そうだし

やればやるほど個性がでてカッコいいもんね

病みつき注意なクルマ

お手頃価格のそいつを目の前にした時

どう思うか

どう感じるか

気を付けな

ヤバいぜ







reality




1_2013121719260662a.jpg




2_201312171926079e4.jpg




3_20131217192609a22.jpg




4_2013121719261130b.jpg




5_201312171926120d5.jpg




6_20131217192628136.jpg




7_20131217192629d7c.jpg




8_20131217192630242.jpg






その週末のために

忙しい仕事もなんとかしちゃってさ

ニヤニヤしながら手入れをして

楽しく走り回るのさ

日頃のストレスなんかすっかり忘れて

子供のようにはしゃいで

仲間たちとふざけあって

ご自慢のクルマの前で笑うんだ

日陰だととことん冷えるのに

夢中になっちゃってそれどころじゃない

若い奴もそうじゃない奴も関係なくってさ

みんなこの週末を楽しんでるぜ

そして誰となく時計を気にし始め

笑顔でそれぞれのクルマに乗り込む

そして束の間の楽しい時間を名残惜しむ

だがキーをひねりエンジンをスタートさせると

またまたご機嫌タイムの始まりさ

さあ行こうぜ

突っ走るんだ

そうさ

もうすぐだぜ

眠い朝、仕事、ストレス、時間

現実が待っている

上司、会社、社会が

待っている!

急げ!

急ぐんだ!

GO!GO!







elegant




1_20131216193850b7e.jpg




2_201312161938512ff.jpg




3_20131216193853886.jpg




4_201312161938542ef.jpg




5_2013121619385577c.jpg




6_20131216193918521.jpg




7_20131216193919b29.jpg




8_2013121619392099f.jpg




9_20131216193921ede.jpg




10_2013121619392322c.jpg




11_20131216193944ae8.jpg




12_2013121619394545a.jpg




13_20131216193946ad9.jpg




14_20131216193947ad9.jpg






大人達は無理などしない

タイヤからの路面状況をシートから感じとり

ソフトに握ったステアリングに伝える

繊細な足さばきでペダルと遊び

エンジン動力を駆動に伝える

クラッチやミッションの機嫌を伺い

吸い込まれるように次のポジションにシフトする

エンジン音とエキゾーストノートをそれぞれ聞き分け

メカニカルノイズと会話をするかのように

心地よいスピードで

走ることを

ドライブすることを

時間を忘れて楽しむ

そして

上質なエキゾーストノートを残して

ワインディングを駆け抜けていく







2013.12.15 奥多摩




1T7A7145.jpg




2_20131216180227642.jpg




3_20131216180228fb5.jpg




4_201312161802303a6.jpg




5_20131216180231fbe.jpg




6_20131216180249492.jpg




7_201312161802502b6.jpg




8_201312161802516b3.jpg




9_201312161802523b4.jpg




10_20131216180253582.jpg






みんないい感じだね~

カッコイイのあり~

シブいのあり~

かわいいのあり~

速いのあり~

綺麗なのあり~

いろいろあり~

面白いよ~

春まではちょっと寒いけどね

つづく







510 #24




1T7A4892.jpg




1T7A5492.jpg




1T7A5432.jpg




1T7A5527.jpg






シックで綺麗なカラーリング

目立つんだまたこれが

夏にはレースに出ないで走行会だったんだよなぁ

他とは違うオーラで走っていたので鮮明に覚えている

じっくりきっちり秋に合わせていたのかな

それにしても

ドライバーは左の前が浮いてるってわかるのかなぁ?

いや待てよ、浮いてるってことはその間タイヤは消耗しないのか

その分有利なのか

いやいや待てよ、その分反対側に負担がかかってるから

そっちの消耗が激しくなって不利なのか

いやいやいや、筑波は右回りだから左の負担を考えれば

少しでも消耗を減らした方がいいんだろうしな

いや、でもそこまで考えるほどの周回数じゃないのか

いやいや、本格的なレースだからそのへんはきっちりと

いやいやいや・・・








color




1_20131210142606f68.jpg




2_20131210142609f20.jpg




3_20131210142611f4c.jpg




4_201312101426136fe.jpg




5_20131210142614887.jpg




6_20131210142629726.jpg




7_201312101426324b8.jpg






いま

あなたの街は

何色ですか

たまには

あの娘を誘って散歩でもどうかな

そう、歩いて。

年配の方だけの特権じゃないぜ、散歩って

見慣れたはずの街なのに

新たな発見があるはずさ

HAPPYなことも見つかるかもしれない

そして今まで気が付かなかった色が見えることだろう

誘われたあの娘は

きっと嬉しくて

洒落たパンプスを履いてくるに違いない

「スニーカーで来いよっ」て

言ってあげるんだ

男の優しさってやつさ

あとで足が痛いとかで喧嘩にならないように







expensive




1_20131128143638af4.jpg




2_2013112814363955c.jpg




3_2013112814364038e.jpg




4_2013112814364133c.jpg




5_201311281436438c3.jpg




6_2013112814365403e.jpg




7_20131128143656cd4.jpg






こんなクルマが

ずぶ濡れになってる

それほど魅力的なイベントとは知らなかった

来年も行きたくなっちゃうね

晴れていれば

楽しさ倍増なんだろうな

雨だと

いろいろと

つらいからさ

降らないでね

ね~

ちゃんと聞いてる?







what time is it now?




1_201312101435451c3.jpg




2_20131210143546567.jpg




3_201312101435489a7.jpg




4_20131210143549ecd.jpg






あの~

すいません!

今、何時ですか?

そ~ですか、まだそんな時間でしたか。

こんにちは。

時計あります?

今何時ですか?

そ~ですか、まだ時間ありますね。

あの~、このショーは何時までですか?

ふ~、まだまだですね~。

お、ケータリングのコーナーが混雑してきたぞっ

そろそろかな?

あっ、すいません!

今は何時頃でしょう?

もう終わりですか?

そうこのショーですよ。

もう少しですか。

そ~ですか。

もう何分たちましたかね~

まだだな~

早く走りたいな~

じっとしてるの嫌いなんだよ

街を流したいな~

高速をかっとばしたいな~

ん~まだ終わらないのかな~

走りたいよ~

うぉ~







art




1_20131210131012afd.jpg




2_20131210131014441.jpg




3_201312101310159fc.jpg




4_20131210131017ed8.jpg




5_20131210131018b36.jpg




6_201312101313476d7.jpg




7_20131210131348ae8.jpg




8_20131210131349e52.jpg




9_201312101313517ea.jpg




10_20131210131352aba.jpg






メインカーが訳ありで

足クルマと割り切って乗っている

それでも遊ぶ

だから遊ぶ

独自のセンスと

アーティストとしての才能

他に比類ない発想

底知れぬ知識

そうして遊びの中から生まれる芸術

彼の

いや

このクルマの

いや

メインカーの

これからを追い続けたい

あ、

そう言っている間に

すでに足元がカッコよくなっているらしい

チッ、目が離せないぜ









2013.12.10 大黒




1_20131211092803dfb.jpg




2_20131211092804580.jpg




3_20131211092805850.jpg




4_201312110928078f1.jpg




5_20131211092808751.jpg




6_201312110928227bb.jpg




7_20131211092823c73.jpg




8_20131211092825c65.jpg




9_2013121109282635f.jpg




10_201312110928271b2.jpg




1T7A6978.jpg






今年最後の聖地での集まり

たった4台なのに

それぞれの存在感があるでしょ

なぜかここに来るとそう感じてしまう

不思議な場所なんだ

何倍も素敵なクルマに魅せてくれる

さあ

貴方のクルマも魅せてくれ

毎月10日

Midnight

待ってるぜ








elec




1_20131208222248f2a.jpg




2_20131208222250287.jpg




3_20131208222252159.jpg




4_201312082222555bd.jpg




5_2013120822225785f.jpg






ヘイ、ヘイ、そこのジャパニーズボーイ!

カメラごっこならあっちへ行きな

パパのカメラで遊んでたら怒られるぜ

俺を誰だか知ってるのか

Starlite Rod & Kustom のエリック

アメリカじゃあ知らない奴はいないぜ

有名なカメラマンがボスにアポイントとって

順番待ちで撮影するんだ

ほら、見ている人の邪魔になるから

あっちへ行きな

それともママに順番でもとってもらうか、ハッハッハー




6_2013120822231553c.jpg




7_2013120822231789c.jpg




8_20131208222319d9b.jpg




9_20131208222322276.jpg




10_20131208222324a86.jpg






やぁ調子はどうだい、エリック

ハ~イ!ボス!いつものようにご機嫌だぜ!

このジャパニーズボーイ以外はノープロブレムだよ

おっ、写真を撮ってもらっているのかい、よかったじゃないかエリック!

お~、ソーリーボス、ちょうど今注意していたんだ

このジャパニーズボーイは・・・

知ってるさ、エリック!

ハ~イ、CRUISE FOCUS、エリックを撮ってくれるのか、サンキュー

エリックが気取ってなんて言ったか知らないが

いつかはCRUISE FOCUSに撮ってもらいたいって言ってたんだぜ

おっと、内緒だったかなエリック!ハッハッ!

じゃあよろしく頼むよ

ちゃんといい子にしてるんだぞ!エリック!

・・・

おい、聞いてるのかエリック!







wharf





1T7A6914.jpg




1T7A6913.jpg




1T7A6915.jpg




1T7A6916.jpg






潮の香りに恋して

あいつが埠頭にやって来た

街じゃレディがうるさいからさ

フン

なかなかサマになってるじゃないか

まあゆっくりしていきな

夜はこれからだ






white stage





1_20131207103940c25.jpg




2_201312071039422c3.jpg




3_20131207103943bab.jpg




4_201312071039450ff.jpg




5_20131207103946dfd.jpg




6_20131207104022c5d.jpg




7_20131207104024f81.jpg




8_201312071040267e2.jpg






クルマはご覧の通り見事な仕上がり

いくつものアワードがその証だ

ガラスのようなボディには

見とれてしまうペイント

その複雑な手順を想像することすら気が引ける

アワードを獲るべく展示場所

アワードを獲るべくディスプレイ

狙ってたんだね

いくつ狙ってたんだろう







mirror





1_20131204223723031.jpg




2_20131204223726425.jpg




3_20131204223729140.jpg






ディスプレイも進化してる

このセンス

いいな

今までのディスプレイの流れからすると

なくはない

けど、目の当たりにするとやはり凄い

ここまで創ってあるってことは

・・・

完成を早く見たい

けど

無知な自分には車種わからないw

あの時のミラーディスプレイの赤いフレームのって

教えてね







float





1_20131204201956a49.jpg




2_201312042019590b1.jpg




3_201312042020006c2.jpg




4_201312042020021d7.jpg




5_20131204202004010.jpg




6_20131204202021284.jpg




7_20131204202023fc6.jpg






ババーン!とサバーバーン!!

派手なようでシックなボディカラーを身にまとい

内装までもきっちりと

メーターやオーディオも

大人な創り込み

カッコいいなぁ

観音開けて

激しいボディードロップの形跡

ベターっとキッチリと着地して




8_20131204202026a4f.jpg




着地して・・・




9_20131204202028f57.jpg




着地し・・・




10_201312042020304de.jpg




着地してなくて

浮いてる

・・・

大人のやることは凄い







delicious




1_201312031324518fc.jpg




2_20131203132453255.jpg




3_201312031324556d7.jpg




4_201312031324565f7.jpg




5_20131203132458273.jpg




6_20131203132519af8.jpg




7_201312031325212ed.jpg




8_20131203132522dc3.jpg




9_20131203132523144.jpg






アメリカ西海岸の

でっかいショーにいそうな創り込み

グリルからテールレンズまで一切の隙なし

凄いな~

ボディもテロッテロに磨きあげられて

甘くて

美味しそう







TEREESTRIAL WHALE





1_2013120311014233a.jpg




2_2013120311014371c.jpg




3_201312031101451ca.jpg




4_2013120311014656b.jpg




5_20131203110148d47.jpg




6_20131203110210d4d.jpg




7_20131203110211bde.jpg




8_20131203110212e4b.jpg






ね、素敵なクジラさんでしょ

派手じゃなく

シンプルに

ポイントを押さえて

アピール

このクルマを知り尽くしていないと出来ないんだろうな

カッコいいぜ






KAMINARI BROS




1_20131202132713e3b.jpg




2_201312021327150b1.jpg




3_20131202132717528.jpg




4_20131202132718f1a.jpg




5_201312021327199c6.jpg




6_20131202132734e26.jpg




7_201312021327356f3.jpg




8_20131202132737ff4.jpg




9_201312021327381da.jpg




10_20131202132740bc4.jpg






High performance

それだけではない

魅せるための機能美

溢れ出る存在感

まるで

飾るために

創られた

観られるために

佇んでいる

そして

人々はそれを

SHOW CAR と呼び

目に焼き付け

心に刻み

伝説になる 







2013 YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW





1_201312012133266ae.jpg




2_201312012133297eb.jpg




3_20131201213331f9e.jpg




4_201312012133345d5.jpg




5_2013120121333647e.jpg




6_201312012133557a9.jpg




7_20131201213358ec4.jpg



8_201312012134002cb.jpg




9_20131201213402dfc.jpg




10_20131201213404a4c.jpg




11_201312012147456ec.jpg




12_201312012135223af.jpg




13_20131201213524c7b.jpg




14_201312012135264a0.jpg






DATSUN TRUCK

521 620 720

どれも究極のクオリティ

こんなことを出来るのはきっと

Ghost Factory だけだろう

流石だね









プロフィール

Author:YOU

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示