Gradation




Green




1_201509111948382f8.jpg




2_20150911194839d24.jpg




3_2015091119484166d.jpg




4_201509111948419c7.jpg




5_20150911194859f91.jpg




6_2015091119485802f.jpg




7_20150911194900640.jpg




8_201509111949027d0.jpg




9_20150911194903f3a.jpg






午後から雨予報の日曜日に

朝から張り切って出かけてきました

山の中を歩くのはちょっと疲れたけど

美しい緑

透きとおる水

繊細な流れ

滴り落ちる滝

なんかね

落ち着くっていうか

心が洗われるような感じ

これがマイナスイオンなのかなぁ

これでもギリギリ東京なんだよ

いつもとは違って

ゆっくりじっくり写真撮って

いいなぁ

なんて思っていたら

予報通りポツポツ降ってきて撤収



葉は緑から赤やオレンジに染めなおす

そして滝から落ちた水に反射する

また違った景観になることだろう

じっくり撮りたいなぁ

タイミングよく行けるかなぁ

そんなことを考えていたんだけど



また違うターゲットを見つけてしまった

かなり苦労しそうだけど

秋から冬にかけ

時間を作って

アクティブに攻めたい

果たして

披露出来る写真が撮れるのか

納得出来る写真が撮れるだろうか

それは

自分次第

頑張る










わかった?

以前書いた記事ね

そして頑張りましたよ

アクティブに

ハードに

攻めましたよ

天気予報と睨めっこして

チャンス!って思ったのが9月23日

この日は連休の最終日

連休中はあちこちで撮影していて

かなりお疲れだったけど

そんなことは言ってられない

眠い目をこすり

朝早くから目的地に向かう

駐車場にクルマを停め

準備をして出発

トレッキングってやつ

山登りね

自分はそれを楽しむわけではないので

一人でモクモクと登ります

休みも取らず山頂目指してハイペース

たぶん普通の人なら一時間半くらいかかるであろう険しい山道を

体力任せでちょうど一時間で登り切った

想像以上のハードさだった

機材も背負ってたしね

がしかし

ターゲットは雲の中



でも風があったので

状況が変わることを祈りつつ

体を休めて待つこと一時間

祈りが届いたのか

現れましたよ

そう

言わずと知れた富士山

あとは夢中で撮る

雲の動きで変化があるので

撮りまくる

あとでいいのをセレクトすればいい



一番いいのがコレ




1T7A5539-43.jpg




どうよ!

いいでしょ

何回か通うつもりだったのに

一回目でこんなの撮れた

そして

富士の写真館ってサイトで見事シェア獲得

嬉しくてね

頑張った甲斐があったってもんだ

でも本番はこれから

本当は冠雪した雄姿を撮りたかったんだ

そんなことを望んでいたら

10月11日富士山初冠雪のニュースが!

翌12日は祝日で天気も良さそう

朝一で出発

駐車場が7:30くらいじゃないと入れないことは調査済み

テキパキと身支度を整え

いざ一時間の登山

やはりハード

ヒンヤリとした風が注ぐ中

汗だくに

やっと山頂に辿り着く

誰もいなかったので

たぶん一番乗り

がしかし

肝心の富士山は雲の中



でも前回同様、雲に動きがあったので

しばらく休憩

この日は人が凄く多くて

あとからあとからとジャンジャン人々が登ってくる

あ~残念、富士山見えない~と

何人も降りて行った

ちょうど一時間が過ぎようとしたころから

現れました

待った甲斐があります

手前の木々も少し色づき始めていたので

前回は邪魔だな~と思っていたけど

今回は積極的にフレームインさせてみる

人々が入らないギリギリのところを狙い

雲の変化に合わせ撮りまくる



一番いいのがコレ




1T7A6542-6-1.jpg






どうよどうよ!

いい感じでしょ

30分くらい撮りまくって

確信したのでまだ富士山出てたけど下山したんだ

そうそう

下山もたぶん一時間くらいかかると思うんだけど

少し前にトレランとかいう競技をネットで見てしまって

(調べたら「トレイルランニング」だって)

思い機材背負ってるくせに影響されちゃって走る走るw

途中、登ってくる人たちの渋滞で少しペース落ちたけど

30分で下山

もちろん汗だく

そしてヒザはガクガク

でも

いい写真が撮れたので

満足満足

この場所では

まだ撮りたい絵があるので

体力が続く限りまだまだ通うことになると思います

さて

その絵は撮れるのだろうか

挑戦は続く

なんてね~







コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

YOU

Author:YOU

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示