LEYTON HOUSE




1980年代半ば

俗にいうバブル期

日本のレース界に突如として現れた

レイトンハウス

レイトンブルーと呼ばれた

派手なパステルカラーをボディーにまとい

あっという間に人々の人気を得た

数年後には

F1の世界にまで進出することになる

1990年代前半まで人気を維持するが

あることでレース界から消えることになってしまった

最後は

ロゴを失いながらも

レイトンブルーは走りきった




1_201511292043235d0.jpg




2_20151129204325a1d.jpg




3_201511292043276c6.jpg




4_20151129204328ed8.jpg




5_2015112920433018f.jpg




6_201511292043401b2.jpg




7_20151129204341dd7.jpg




8_20151129204343b63.jpg




9_20151129204344eff.jpg




10_201511292043454e4.jpg




11_201511292043572d0.jpg




12_201511292043584a3.jpg




13_201511292043599af.jpg




14_20151129204401740.jpg




15_20151129204403594.jpg




16_201511292044120c4.jpg




17_20151129204414229.jpg




18_20151129204415915.jpg






思えば

秋の筑波でオーナーさんに言われていた

ニューマシンは今までのカラーリングとは違いますよ

誰もが驚く色です

ドライバーにも驚くことになると思いますよ

ニスモフェスティバルには間に合わせたいですね

って



ドライバーはレイトンブルーの貴公子、影山正彦選手

ボディカラーはもちろん

内装のステッカーの位置まで

こだわりにだわって当時と同じように創り上げている

見逃しがちなロゴは初期タイプ

エンジンに関しては

当時のチューナーまでを巻き込む大プロジェクト

極秘で進められたニューマシン

お披露目が NISMO FESTIVAL ってことが泣かせるでしょ

ほぼレギュレーションのない

ニスモのヒストリックカーエキシビジョンレース

そこでこのマシンが

ポールトゥーウィン

パーフェクトなデビューとなった

来春のジャンボリー

スケジュールが合えば走るそうだ

合わなくても…

とにかく応援しよう

CRUISE FOCUS は追い続けるぜ







コメントの投稿

非公開コメント

No title

ニスフェス当目はお疲れ様でした。
ダンロップのところで見てたので1番のベスポジに脚立に乗り
構えてる姿拝見しました(^ ^)
結果は流石でしたね〜
兄弟対決見たかったですが110と310ではやっぱ違うんですかねf^_^;)
4月の富士が楽しみになりましたね(≧∇≦)

Re: No title

お疲れ様でした。

青ブルさんもダンロップでしたか~。気が付かなかったw
朝、GTの走行が終わるといい場所がポッカリ空いたのでラッキーでした。

一週目の50センチテールトゥノーズ、シビレました!
その後、ちょっと意外でしたね。

レイトン号は富士専用車の予定ですって。
プロフィール

YOU

Author:YOU

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示