翡翠 Challenge 2015.11




彼の名は

マサハル




CT3A0991.jpg




言わずと知れた餌取り名人

日々その技術の向上と

お腹を満たすため餌取りに出向く




そんなマサハルを追う自分に

世界のキャノンさんがFacebookの東京カメラ部さんとコラボって

動体撮影が得意な最新型のカメラ貸してやるから

いい写真撮ってこいよっ



社運を賭けて機材を提供してくれた




key-visual.jpg




ただモニターに当選しただけなんだけどね

写真関連の企業様に

そこまで言われたら頑張るしかないでしょ

勘違いね

ってことで

休日や昼休みをマサハルにつぎ込んでいるんだ

もう二週間以上かなぁ

この記事を掲載するころは

一カ月くらい経ってると思う

日を追うごとに

マサハルの行動パターンが

なんとな~くわかってくるんだ




まずやってくると

いつもの枝にとまって

餌を探す




CT3A0919.jpg




やってきてすぐは

割とすぐにダイブして餌に向かう




CT3A0921.jpg




CT3A0922.jpg




CT3A0925.jpg




夢中で食べる




CT3A0907.jpg




小さな餌だと

満足できず

何度となく餌に向かう

時には

手強い餌をゲットする




1_2015121518340416b.jpg




そんな時

なぜか目に水中メガネの膜を張り

表情を豹変させ

戦闘モードになる




2_20151215183405715.jpg




言うこと聞かないヤツは~

こ~やって~




3_20151215183407df0.jpg




ベシッ!




4_201512151834086b4.jpg




クチバシで器用に向きを整え~




5_20151215183410f48.jpg




あらよっ!




6_20151215183422291.jpg




ホイッ!




8_20151215183425e66.jpg




フガッ!




9_20151215183426dc9.jpg




すぐさま

まるで

何もなかったかのように

すまし顔




10_201512151834287bf.jpg




なかなか

憎いヤツだぜ

とか

言ってると

たまににらまれる

聞こえてるぜ

お前こそ誰だよ!




11_20151215183434e31.jpg




まぁまぁ

そう怒るなって

仲良くやろうぜ

俺は知ってるぜ

この前

ベテランカメラマンさんが

あ、あいつ餌取りに失敗したっ!

葉っぱくわえてきやがったぜ

って、みんなが笑ってた時さ




1_201512161938383ca.jpg




笑いながらみんなは撮影やめちゃってたけど

俺はちゃんと撮ってたぜ




2_20151216193839464.jpg




器用にクチバシ使って葉っぱを落としてさ

まさか

葉っぱの向こう側の

餌をくわえていたなんて

驚いたよ




3_2015121619384028e.jpg




葉っぱを落としながら

餌の向きを変えてさ




4_20151216193842d9f.jpg




5_201512161938434bc.jpg




6_20151216193849c3c.jpg




やっぱりマサハルは餌取り名人だぜ




まぁ

そんなことしながら

お腹が満たされていくと

ダイブする回数もグッと減ってくる

枝にとまっている時間が長くなったり

どこかに遊びに行ったりする




カワセミは基本的に縄張り意識が強い

この場所はもちろんマサハルの縄張りだ

唯一

やってくるのが

マサハルの大ファンであるカズエちゃんなんだ

ただ

そのカズエちゃんも

この前の求愛行動に見せかけた事件には

かなりショックを受けていた

いや

ショックより怒りの方が強いのかもしれない




とは言え

春の繁殖期までには

なんとか仲直りをしなければならない

ちょうど

マサハルがお腹を満たし

落ち着くころに

カズエちゃんはいつもやってくる

そして

しばらくはジッとして何かを考えている




CT3A1272.jpg




どうやってマサハルと仲良くするか

でもあの事件の屈辱は忘れられない

いや

忘れなくてはならない

さまざまな思いと葛藤しているのだろう




カズエちゃんがやってくると

自分はカズエちゃんに照準を合わせるようになった

なぜなら

カズエちゃんは待っていると最後には必ず

「マサハルっ!」って叫ぶんだ

男マサハル

呼ばれるとどこからともなくすぐにやってくる

おぅ

そして恋の行方を捉えるチャンスを待つんだ




CT3A1006.jpg




しばし沈黙が続く

仲良くしようと思いながらも

本人を前にすると気が動転

カズエちゃんが口を開く

でた言葉は

「この前はよくもやってくれたわね!」




CT3A1003.jpg




男マサハル

売られた喧嘩には立ち向かう

恋の行方どころではない

一瞬にして修羅場と化す

お互いにこれでもかと

大きく翼とクチバシを広げ

相手を威嚇する




1_20151218161435156.jpg




2_20151218161436e3b.jpg




そして

相手のクチバシを突っつき噛みつき始める




3_201512181614396a2.jpg




4_20151218161440666.jpg




5_20151218161441bdd.jpg




6_20151218161451508.jpg




7_20151218161451575.jpg




やはり喧嘩となれば

奥側のマサハルの方が断然強い

カズエちゃんの健闘も虚しく

追いやられる




8_20151218161453cc6.jpg




カズエちゃんは

茂みの奥に逃げ込み

しばらく一人で悩む

このままではいけない

仲良くしなければ

カッとなってはいけない

まずは謝るんだ

それからゆっくり話せばいい

そう

ゆっくりと

そして

意を決しカズエちゃんは叫んだ

「マサハルっ!」

すぐさまマサハルはやってくる

おぅ

なんだよ

奥側のカズエちゃんは言葉に詰まる




1_2015121817065317d.jpg




一言

ごめんなさいって言えばいいんだ

マサハルだってきっと同じ思いのはずだ

そしてゆっくり話し合えばいいんだ

カズエちゃんが重い口を開いた

「ご、ご…」

ほぼ同時にマサハルも叫んだ

「お前なんかには負けないぞっ!」




2_20151218170654eea.jpg




「キャ~!」

「あたしだって負けないわよっ!」




3_201512181706563f2.jpg




また修羅場と化してしまった




4_20151218170657618.jpg




5_20151218170659558.jpg




6_20151218170708672.jpg




カズエちゃんが優位にたつ場面もあったが

最後には

マサハルがカズエちゃんのクチバシに噛みつき

決着がつく




7_2015121817070996d.jpg




追い出されたカズエちゃんは

いつもの枝に戻り

喧嘩に負けた悔しさと

思いを伝えられなかった虚しさに

一人悩んでいた




カメラを貸してもらったからには

何かしらの作品を提出しなければならなかった

当然だ

クルマの写真は得意だからさ

先日のニスモフェスティバルでたくさん撮ったので

それでなんとかなるんだけど

先方の期待はやっぱりカワセミだと思うんだ

その期待に応えたいんだけど

なかなかチャンスに出会えなくて



それとね

同じくキャノンさんと東京カメラ部さんのコラボで

ファンタスティック・フォトグラファーズ・アワード2015

っていう凄い大規模な写真コンテストをやっているんだ

思わずファンタスティックと叫んでしまうような作品募集ってあってさ

本来自分はコンテストとかあまり興味がないんだけどさ

まぁコンテストレベルの写真撮ってないしね

でも

これに限ってはね

賞品がね

自分が一番欲しいカメラなんだ

おまけに賞金もある

そのカメラがあればもっとカッコいい写真をみんなに提供できる

だけどプロ機なのでとても自分じゃ買えない

ファンタスティックな写真なんてなかなか撮れないけど

出さないと権利さえないわけで

クルマと飛行機とオートレースの写真を出してみたものの

とてもコンテストでどうのこうのっていう作品じゃない

まぁ

それだけ難しいコンテストだろうし

そのプロ機なカメラも総合グランプリの賞品なので

まぁまぁ

って感じなんだけどね~




一人で悩むカズエちゃん

餌取りや元気に飛び立つ気配はない

自分もちょっとひと休みだなぁ

ってカメラを下げたんだ

この日は前日の雨に続き

どんよりとした寒空で冷え込んでいた

カメラマンは自分だけ

寒い日に水中にダイブするくらいだから

気温とか天気はあまり関係ないのかなぁと思って出かけてきた

気温は低いが風がないのでさほど寒さは感じなかった

ふと

黄昏るカズエちゃんを見つめなおした

相変わらず悩んでいる様子

何気に目線を少し下げた

穏やかな水面にイチョウの葉が浮かんでる

ハッ!

イチョウの葉の横にもう一人のカズエちゃんが映りこんでいた

チャ、チャンス!

慌ててカメラの設定を変更しそれっぽい縦構図に構え

カズエちゃんに気付かれないように

立ったり座ったりして構図を考える

水平垂直を意識してピタッと水面の揺れが止まる瞬間を待つ

ここだっ!

シャッターを切る

このカメラが得意とする連射でその瞬間を切り取る

一瞬のうちに6~7枚撮れた

そしてまた水面が揺らぎ始めた

カメラのモニターでチェック

あった!

一枚だけビシッと歪みのない二人のカズエちゃん




CT3A0997-Edit-1.jpg




よくこの場面に気付き

速やかに設定を変更し

構図をスパッと決めたもんだと自分を褒めたね

この写真はそこそこいけるんじゃないかと

ニヤけて感動した




ご存じの通り

マサハルはカメラマンさんたちの人気者

そのマサハルの縄張りのほぼ中心部に

オレンジ色や赤い実のなる綺麗で小さな木がある

休日ともなれば

なが~いレンズをセットしたカメラをずっしりとした三脚に備え

この綺麗な木に向けセットし

マサハルがその枝にとまるのを待つカメラマンさんもいる

一日中待って一枚も撮らずに帰ったカメラマンさんの背中を見たこともある

自分は気にはしていたが被写体としては考えていなかった

何故なら

綺麗で絵にはなるが

餌を狙うにはあまりにも適していない枝と思っていたからなんだ

シンプルな枝の方が適している

自分が狙うのは餌獲りの躍動的なマサハルの姿なんだ

確率的に考えても

ここを狙う理由はない




一人でいつもの枝にとまり

悩み考えるカズエちゃん

感動のショットを収め満足げな自分

モニターチェックから目線をカズエちゃんに移した



その時だった

突然カズエちゃんが飛び立った

慌てて行き先を見届ける

とまった先はあの綺麗な木の枝だった

なるほど

確かに絵になる

思わずシャッターを切った




CT3A1352.jpg




背景の葉っぱも緑から黄色に色づいて

なかなかいい感じ

ちなみに一週間後には

背景の葉っぱは茶色になっちゃって

赤い木の実はなくなりオレンジも半減

そう考えると一番いい時期に撮れたのかもしれない

でも

やっぱり動きがないんだよね

躍動感がね…

餌を狙う気もなさそうだし



そうだ!

カズエちゃんが飛び立つ瞬間を狙おう

どの方向に飛ぶかでずいぶん絵が変わっちゃうけど

賭けだ

カメラを構えてファインダーを覗きこみジッと待つ

シャッターチャンスは一瞬だ

目を離せない

望遠レンズの重みを必死に堪える

やがて腕は悲鳴を上げプルプルし始める

やばいブレる

カズエちゃんの表情を伺いながら

さっと腕を振りプルプルをリセットする

飛び立つ瞬間をひたすら待った

ジッとしていたカズエちゃんがちょこっと動いた

来るかっ!

右手人差し指をリラックスさせシャッターボタンを半押しし

カメラにも緊張を伝える

するとすぐさまクルッと向きを変えた

行け!飛べ!

心で叫んだ

その瞬間

飛ぶどころか

信じられないことが起きたんだ

向きを変えその方向に向かって

「マサハルっ!」

カズエちゃんは叫んだ

想定外のことに動揺したが

そうか、そういうことか!

すぐに頭を切り替えた

男マサハルを待つ

カズエちゃんがクチバシと翼を広げた

来る!

すでにシャッターは押し続けている

秒間10枚の連射がうなる

マサハルがファインダーに入ってくる

その瞬間をカメラはしっかりと捉えた




CT3A1384.jpg






喧嘩ってことは内緒にして

この色鮮やかで躍動的なシーンと

二人のカズエちゃんのショット

この二枚でファンタスティックに挑んでみます

レベル高いからあれだけどね

ほら

出さないことにはさ






ここは自分のブログだから言っちゃうけどさ

この写真に

一本の光、太陽光ね

木漏れ日とかなんでもいいんだけど

光さえあれば

きっと総合グランプリ獲れたと思う(謎)

自分が審査員だったら

光がないから落とすだろうな



まぁ

いずれにしろ結果は来年だから

それまで

マサハル

カズエちゃん

まだまだ追い続けます

マサハル、マサハル言ってたわりに

結果的にはカズエちゃんに頼っちゃったね

いいお嫁さんになってほしいですね~







コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

YOU

Author:YOU

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示