ぐるぐる山中湖 Episode 2




5_20160526202354c43.jpg




6_20160526202400f20.jpg




7_2016052620240266c.jpg




8_201605262024030a3.jpg




何回見てもいいものはいいね~

ここでのエピソードをちょっと

ん?ちょっとですむかな?無理だなw

昨年に続き今回もちゃんと事前に下見に行ったんだ

そのメインはあとに出てくる最終ポイント探しのためだったんだ

まず到着したのが第二ポイントの「浜」

特に問題はなさそうなのでイメージだけ膨らませておく

そしてこの時

お世話になってる富士山写真家の方とメールでやりとり

この日、下見が終わってから

主催者さんの仕事終わりを待って打ち合わせの予定

その前の夕刻時と終わってからの深夜?

富士山のいい感じの写真が撮りたいなぁと思って相談していたんだ

いろいろアドバイスを頂き、最終的に夕刻時は

「きらら」という大きなイベント会場のすみに

白い花を咲かせたズミの木があるので

ズミの木と富士山の夕刻、みたいなイメージを狙うことにしたんだ

浜を出て次の撮影ポイントを見に行く前にちょこっときららに寄ってみた

ズミの木はすぐに見つかった

なるほど、なかなか良さそうな感じだ

少しまわりが騒がしかったけど

撮影は数時間後の日が暮れるころだからとさほど気にはしなかった

きららをあとにして第三ポイントの緑の走行シーンの場所をチェック

その前後もチェックするがやはり緑のところが一番いい

第三ポイントの緑は決定で設定等も実績があるので問題なし

その後は集合場所のチェック

ムキムキがいないことに気付き、代わりの目印となる屋形船を撮っておく

その後

下見のメインである最終ポイント探しとチェック

その時もなかなか面白かったのでまた今度ね

最終ポイントの下見を無事に終え

気付けばうっすらと暗くなってきた

急げ!ズミの木へ

気分はウキウキ

ズミの木と富士山と時間ばかり気になっていた

第一ポイントは昨年と同じ場所に決定していたので

ウキウキで通りすぎた

日が暮れる前に無事にズミの木に到着

あれ?

騒がしいのがおさまっていない

おまけに警備員が何人も立っている

ズミの木のすぐ脇にも

「あれ?もしかして入っちゃダメな感じですか?」と尋ねると

「今日と明日は貸し切りで関係者以外立ち入り禁止です」

「あのあたりから撮りたいんだけど…」とズミの木の向こう側を指差す

「じゃあ一枚だけならどうぞ」と優しい警備員

一番良さそうな時間にはほんの少し早いし、三脚立てて腰を据えて撮りたかったから…

「ん~…一枚…ん~…気持ちは嬉しいけど、一枚だとあれなんで、今日はあきらめます」

と、ズミの木をあとにした

もう暗くなっていて場所の変更・移動は厳しい

しょうがないので近くの湖畔で三脚をセット

数枚を撮るうちにみるみる暗くなり

富士山の撮影を終えた




1T7A8328.jpg




雲一つないいい天気だが

写真的にはちょっと物足らない感じになっちゃった

まぁズミの木がダメだった時点で終わってたのかもしれない

そしてズミの木の横を通り過ぎてクルマに戻る

あ、そうだ

念のために第一ポイントもチェックしておこう

そう思い浜を通り過ぎポイント近くにクルマを停め歩いてチェック

その時だった

衝撃的な光景が目の前に!

なんと確定していた第一ポイントの目の前が工事中

しかもデカい重機が置き去りになっている

いや駐車している

夕方通った時にはウキウキで気が付かなかった




1T7A7918.jpg




これは昨年の第一ポイント

この黄色号の真後ろの駐車場に重機があったんだ

ちょうど富士山と重なるように…

そして駐車場全体を工事していた

確定撮影ポイントを変更しなければならない

しかし

あたりはすでに真っ暗

歩いて周辺を探り

新たなポイントを探す

幸いすぐ近くに良さそうなポイントを見つけるが

富士山は見えるけど周辺の状況が暗くて見えない

しょうがないのでクルマがやってくるのを待ち構え

ライトで照らされた時に写メっておく




0194ac1afbcad4e5c1e91543f75dc754d1348007fa.jpg




この必死感が伝わるだろうか

この写メだけが頼りとなり打ち合わせに向かう

向かえたぐるぐる当日の朝

第一ポイントに到着しあたりをチェック

右側の建物はギリギリ大丈夫

その左のボート?ヨット?ボディカバーがかかっているけど富士山の方が強い印象

そして富士山を挟みその左側

そこにはなんとズミの木が!

白い花と透きとおった緑の葉を身にまといたたずんでいるじゃないか

これにはちょっとグッときたね

ズミの木がアクセントになって富士山を引き立たせる

そこを走り去る DATSUN を狙うぜ




7_2016052708154618e.jpg




帰宅後

編集作業にかかり

この場面の先頭の主催者さんの黄色号を見た時には

感動しちゃってさ

泣きそうになっちゃったよ

すぐさま主催者さんにもラインで送ったら

やはり感動してくれて、すげ~!って

地元の方も喜ぶナイスショット

ね、なんか立派なエピソードになったでしょ

でもね

これで終わりじゃなかったんだ(笑)




今回、ぐるぐる初参加の極低サニトラ乗りのナミちゃん

既にサニー界隈ではアイドル的存在

最近ではいろんなジャンルでその人気を伸ばしている

そんな人気者のナミちゃんから「あの~これどうぞ」ってお土産を頂いた

だが

紙袋を覗くとお土産ではなかった




01d9840abbce14f4f8af95ee754885fd08cfd4205c.jpg




昨年の秋、クランカーズと同様のブツだった

そのクランカーズの記事はここクリック

何を隠そう、いや隠してない堂々と「ワイロ」だ

頂いてしまった以上しょうがない

感動の第一ポイント

ナミちゃんの写真を

今回のぐるぐるの記事のトップ画として掲載した




1_20160523031259447.jpg




「こういうことでよかったんですよね」と尋ねると

とてもご満悦の様子でした

ウラの世界ではいろんなことがあるものです

さてさて

そのナミちゃん

光栄なことにこの CRUISE FOCUS を大変ごひいきにして頂いているという

写真やクルマの勉強にもなるようで

お話を伺っていくうちに

かなりの CRUISE FOCUS マニアということが発覚したんだ

自分が忘れているような記事のことまでしっかりと覚えていたり

彼女のアイフォンには様々な CRUISE FOCUS に関するマニアック画像が保存されているらしい

かなりコアなマニアだ

そんなナミちゃんが

いよいよ初ぐるぐるをスタートする

第一ポイント少し手前

そう

昨年のポイント




1T7A7926.jpg




この光景が目に飛び込んできた瞬間に

「あっ、ここは去年の場所?富士山バックだったから間違いない!」と確信したそうだ

自分は少し先のニュー第一ポイントの少し奥まったところで撮影していたので

ほとんどの方が気付かないか

あ!って気が付く程度

そんな状況の中

コアなマニアは必ずこのあたりにいるはず!

と、自分を見つけ出す




1_201605271945462d4.jpg




ご満悦っぷりがよく伺えます

きっと

通過するまで

この状態をキープしていたことでしょう




3_2016052719454804b.jpg




マニアも大変だね

あっ

こうして書いているうちに

もしかしてと思い

写真のデータを見直してみました

ベストポジションから通り過ぎてしまい

ボツになった写真を

ワイロの最終お返しとして仕上げてみました



敗者復活 Cool Shot
1T7A8552_20160527201219c54.jpg




「富士山とズミの木とサニトラの女の子」 by CRUISE FOCUS








コメントの投稿

非公開コメント

富士山とズミの木とサニトラの女の子( ; ; )

コアなファンを自負しておきながら、仕事が忙しくやっと2日分のブログを拝見しました( ; ; )
まさか自分のことがCRUISE FOCUSさんのブログに書かれる日が来るなんて!感激しました!賄賂用意して良かったぁ(笑)

(いつか奥多摩とCalifornia look?にもしれっと撮られにお邪魔したいです)

Re: 富士山とズミの木とサニトラの女の子( ; ; )

お疲れ様でした。

我がホームグラウンドの奥多摩にいらっしゃることがあるなら、ベストショットが撮れるまで何往復でもして頂きます。

心していらっしゃって下さいねw
プロフィール

YOU

Author:YOU

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示