FC2ブログ

2019.1.2 Sunrise Cruise




12月の後半くらいから

朝ね

仕事車で走っていると

たまに見える富士山がほんのりと赤く染まるのを目にしていたんだ

年末ラストの仕事を終え

この休みに富士山を撮りたいなぁ

そう思いいろいろ調べていたんだ

以前、木更津の友人とのラインのやりとりで

木更津からの富士山の写真を送ってもらっていたことを思い出し

彼とのラインをさかのぼってその写真を探したんだ

やはりいい雰囲気

でもちょっと遠いしなぁ…

そしたらさぁ

大晦日の夜にその彼から久々にラインがきたんだ

思えば2018の最終ブログに彼のクルマを掲載していてね

わざわざそのお礼と年末のご挨拶のラインだった

ちょっと驚いたね

実は木更津からの富士山を撮りたくて…

「天気とタイミングでなかなかお目にかかれませんよ~」なんてアドバイス頂いてね

聞けば奥様が写真好きで

地元の木更津を中心にあちこち撮影に行かれているらしく

彼はその都度、運転手兼アシスタントとして

ご夫婦で写真を楽しまれているらしい

これほど頼もしいことはない

気付くと大晦日の晩は

木更津のことを調べまくっていたw

木更津のシンボルでもある「中の島大橋」

高さが27mもある日本一高い歩道橋で

ドラマのロケ地としても有名らしく

恋人の聖地として選定されてるらしい

高い橋は埠頭への入り口

大きな船は橋をくぐって停泊する

それだけではない

高い橋が故に

その懐にすっぽりと富士山をも抱え込んでしまう

そう

今回の狙いは

中の島大橋の中に赤く染まる富士山

年末年始としばらく好天続き

2日の早朝にチャレンジすることにした

富士山が赤く染まるのは夜明け直後の数分間

おそらく7時前くらいと予想していた

で~

それだけじゃもったいないからと

前回の Midnight Cruise をからめたわけねw

ここクリックでジャンプ

時間を逆算して

夜中の1時に出発して

都内で二か所

海ほたるで想定外の撮影に一時間弱

それでも余裕もって考えていたから

5時半くらいだったのかなぁ

海ほたる出発して

いざ木更津へ

あれ?

6時に到着

早すぎた(笑)

でも、遅いよりはいい

うす暗い中、準備に取り掛かる

ほぼ調べたり友人に教えてもらった通りの撮影環境で

たぶんこのあたりがベストポジションだろうって所に三脚をセット

そして中の島大橋の方を眺める

たぶんあそこに富士山がいるはず

念のために目を凝らしてみた

そしたらね

うす暗い中

かすかに、ほんのかすかに

雪化粧した富士山の山頂付近が見えたんだ

ラッキー!しめたもんだ

数十センチ三脚を移動して

本当のベストポジションに固定した

大きな船たちが停泊していてね

橋のど真ん中に富士山はムリだった

でも

船のギリギリまで構図を攻め込んで

中の島大橋の全貌を確保

気が付くとまわりには何人ものカメラマンさん

あ~、やはり人気があるんだなぁ

早く来てよかった

たぶんこの時点でカメラマンさんたちは富士山見えていない模様

少したってから皆さん少しずつ移動して

自分に近づいてきたからね(笑)

ちょうどその頃

連絡しておいた友人が駆けつけてくれた

挨拶もほどほどに日が昇るのを待った

その友人がさぁ

とてもよくしてくれて

この場の撮影後

もし時間があればこの近辺の撮影スポット案内しますよ~

なんて言ってくれてさ

お言葉に甘えちゃったんだけど

さすが地元の方はすごい

いくつもの富士山撮影スポットや

クルマ撮影スポットに連れて行ってもらっちゃった

まだまだほんの一部らしいけど

千葉の魅力を堪能出来た




1_20190104210018226.jpg




2_20190104210021660.jpg




3_20190104210024a3f.jpg




4_20190104210026645.jpg




5_201901042100248b5.jpg




6_201901042100369d7.jpg




7_201901042100387ea.jpg




8_20190104210039dac.jpg




9_201901042100417d2.jpg




いつの日か

本気モードで撮影したい

その時のためにと

サンプルで撮ったんだけど

それでもこれねw

本気モードはかなり期待できます

気象状況が良くないと絵にならないので

そこがキーになりそうですね

タイミング

簡単に言うけど

これほど難しいことはありません

ハズすこともあれば

大当たりもありますからね~

その一瞬であろう見えないタイミングに向けて

下調べしたり準備したり

クルマも景色も

関係ないのかもしれないですね

深いね

写真って




1T7A4399-Edit-1.jpg






赤からピンク

ピンクからオレンジ

オレンジから黄色

そして白い雪化粧へと

刻々と変化する富士山

素敵な色の一枚を残せました









コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示