FC2ブログ

2019 Mt.Fuji in Summer Part 3




午前2時すぎにね

星空ドーン!な写真が撮れまして




20190816095301976.jpeg




月明かりのと街灯の写真もそうなのですが

これらの写真のポイントとでもいいましょうか

ほらタイトルでは気取ってるけど

要は「夏の富士山」なわけですよ

前にも説明した通り

夏の富士山の象徴である登山者の明かりね

これが本来は暗闇の富士山に煌々と輝いてるわけ

この明かりとオレンジに輝く街灯がさ

角度的に見事にリンクしてるじゃん

これがいいんですよー

そして

登山者の明かりもさぁ

「ヒト」って文字みたいで

登山者の人々が描いてるわけで

ヒトのパワーと富士山のオーラと

そんな事を感じるのは

きっと自分だけなのかなw

いや、言われてみればそう思う方がいるでしょ

きっと!(半強制的)

でね

このヒト文字

それぞれによく見たらさ

月明かりは22:30で星空は2:00でしょ

この時間差によって

明るさというか

明かりの数が違うんだよ




20190821154045632.jpeg




20190821154109554.jpeg




下の2時の方が明るいの

ご来光目指してピークの時間なのかなぁ

頂上近くの明かりも強くなってる

しかも

静岡側のルートの明かりまで写ってるんだ

富士山の左肩をかすめるようにさ

調べてみたら

右から「吉田ルート」「須走ルート」「御殿場ルート」って名前がついてるんだよ

もう一つ「富士宮ルート」が左の裏側にあるようで

これらが「富士山の4大登山ルート」なんだってさ

4大ルートの三つの明かりを写し込み

なおかつ、街灯とリンクさせ

満天の星空のこの写真

ハンパないでしょ!

富士山とヒトと街と星

なんだか壮大で偉大な写真に見えるでしょ

ねっ!(強制)

説明しないとわからない

わからないから説明しちゃう

説明してるんだか

押しつけてるのか

そんなクセありな CRUISE FOCUS です

で~

午前2時すぎにこれ撮って

そのあと雲に覆われちゃって

実はこの場所に到着して早々に朝焼けも撮りたいと思っておりまして

欲張りさんだからさぁ

月明かりに天の川

そして満天の星空

さらに朝焼けってねw

二時間くらい

車の中でヒーターつけてウトウト

そう

長袖を着たんだけどそれでも少し寒くてさ

標高の高さを実感しました

日の出が5時だったから

4時半前くらいから外に出たんだけど

雲がハンパなかった

もうあたり一面がね

雲なのかキリなのか雲海なのか

真っ白でさ

あ~、さすが持ってないCRUISE FOCUS

きっと

さんざん待ったのに朝はダメなパターンだ

真っ白を見つめるしかなくてねー

よく見るとけっこう真っ白が動いてるんだよね

なんか幻想的でさぁ

真っ白が山々の合間に吸い込まれていくような感じで

さすがにこれは写真では表現できないだろうと思ってカメラは出さなかった

あとから思えば出すべきだったね

チャレンジスピリットを真っ白に吸い込まれちゃったのかな

あっ!かすかに富士山の頭が見えた

もしかしたら…

慌ててカメラをセットした

外に置いておいた三脚は湿気で濡れていた

4:50くらいだったか

すぅ~っと真っ白が山々の谷間に引き込まれていった

あっという間に山々の姿が見えてきて

その奥に富士山も顔を見せてくれた

この時はジーンときたよ

カメラのモニターと富士山に集中してね

たぶん日の出の5時くらいには空もいい感じになって

そのあとに太陽が出てきたんだろう

富士山が赤く色づいてきて

空のオレンジとコラボしてさぁ




201908160953245e0.jpeg




一筋の雲が残ったけど

ぜ~んぜん満足

真っ白に比べたら

いや

むしろ自分的には

真っ白からの変化を思い出すであろう一筋になるに違いない

番外編?につづく









コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示