Rainy




6月の奥多摩

撮影後

梅雨時期だったので

しっとりとした写真でもと思い

滝を撮ろうと思ったんだ

クルマで山の上の方に移動してたら

土砂降りになっちゃって

キリもひどくなってきて目的の滝は断念

そのまま山を越えて別の滝へ向かう

標高が低くなるとキリもなくなってなんとか撮影出来そう

一つ目の滝に到着




1_20150723200956426.jpg




「夢の滝」っていうんだって

ゆっくりと水が流れ優しいイメージです

もうちょっと違ったアングルも撮りたかったんだけど

移動に危険を伴いそうなので止めておきました

そして次の滝に移動




2_201507232009581c2.jpg




3_201507232009599fa.jpg




こちらは「九頭龍の滝」

とても趣があって

マイナスイオンを感じられる素敵な雰囲気

って

それっぽい写真なんですが

実はこの二か所の三枚の写真

土砂降りの中での撮影

長靴履いて傘さして三脚にカメラセットして…

川でしょ

雨でしょ

長靴でしょ

いつ転んでもおかしくない状況

でも絶対カメラは壊したくないわけで

最後の写真なんか

あまりの土砂降りのひどさに心が折れかかり

いい場所なのに一枚しか撮らず恐る恐る退散

その甲斐あって

災難もなくいい写真が撮れました

無理してでも撮るときと

無理は禁物のとき

きっと紙一重なんだろうなぁ

そんなこと思いました




さてさて

別の日になりますが

山中湖付近に用事があり午後から向かいましたが

この日もひどい土砂降り

途中の道志は嵐のような雨風

事前に知り合いの富士山写真家の方に連絡しておいたのですが

この先一週間晴れマークがないので、富士山は無理だと思いますよ…

なんて言われていたので

まぁ富士山は諦めてました

山中湖で用事を済ますころには

雨は止んだものの

風は相変わらず

ついでに御殿場の方まで行ってみたのですが

ハンパないキリで10メートル先が見えないくらいでした

夕刻時フラフラと山中湖付近にもどると

キリはすっきりとなくなり

雲も切れてきたなぁ…そう思った時でした

雲の隙間から富士山の山肌が見えたんです

感動しましたね

無理だと思ってましたから余計にね

どんどん雲が流れています

これはもしかしたら夕焼けあるかもと思い

以前撮影したことがある場所で待機

山頂には笠雲がうねり

麓には雲海が流れ

祈るような気持ちで陽が落ちるのを待ちました

と、その時

時間にして二分間だけ

雲の隙間から太陽光が差し込み

麓の雲海だけを照らします

まるで雲海が輝いているかのような

不思議で感動的な瞬間でした




4_2015072320100128f.jpg




見たこともない光景は一瞬で終わり

再び祈るように待ちます

すると

遠く東の空がオレンジ色に染まってきました

どんどんオレンジがやってきます

いつがピークなのかわからないので

数十秒ごとにひたすらシャッターを押します

もうね

お、おぉ~って感じですよ

言葉では説明できないってやつです




5_2015072320100251b.jpg




すうっとオレンジが引いてくるので

ピークが過ぎたことはすぐわかります

後々調べると

雨予報だったのでこの日の富士山の夕焼けを撮影した方はあまりいなかったようです

そのせいなのかはわかりませんが

この写真

Facebook で以前にも取り上げて頂いた

「パシャデリック」という風景写真のサイトとその関連サイト「日本の絶景風景写真」っていうところで

同時に取り上げて頂くという

なんとも光栄で感動的な結果になりました




いい写真が撮れると

プリントして額装して職場に飾ってるんですけど

今回は「輝く雲海」の方を飾っています

派手な夕焼けもいいんだけど

光が差している感じが

なんか希望に満ち溢れているようにも見えて選びました

そう言われると

そう見えてくるかな

貴方はどちらがお好みかな




4_2015072320100128f.jpg




5_2015072320100251b.jpg






カメラ

持っていってよかった~







コメントの投稿

非公開コメント

どっちも良くて迷いますね^^;
今の気持ちだと雲海の方が好きですけど、きっと夕焼けが良い時が絶対来ると思いますね~f^_^;
それ位良い作品だと思います(^^)

Re: タイトルなし

いつも作品としてご覧頂きありがとうございます。

見る方の気持ちによっても好みが変わるんですよね。

撮るだけじゃなく、写真の見せ方って難しいなぁと思います。

夕焼け、圧倒的に人気ですw
プロフィール

YOU

Author:YOU

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示