2015.8 奥多摩Vol.3




1_201508221605526f3.jpg




2_20150822160553646.jpg




3_2015082216055543b.jpg




4_2015082216055690c.jpg




5_20150822160558ef0.jpg




6_20150822160611ddb.jpg




7_20150822160612999.jpg




8_201508221606143b2.jpg




9_201508221606155ba.jpg




10_20150822160617916.jpg




11_2015082216064387f.jpg




12_20150822160645ed2.jpg




13_2015082216064640e.jpg




14_20150822160648cbd.jpg




15_20150822160649c6b.jpg




16_20150822160657802.jpg








早い時間は気にならなかったけど

陽が高くなってくると

どうしてもフロントフェイスが影で暗くなっちゃう

登りは10時までと決めていたので

9:30少し前だっかたなぁ

クルマの台数が減ってきた時に

ダッシュでクルマに戻り

大きなレフ板を抱え撮影場所へ戻る

そしてセッティングしながら撮影続行

その効果は自分的にはかなりあったんだけど

たぶん一般的にはあまりにも地味すぎる効果

爽やかに感じていた風が

レフ板をあおる

動かないようにレフ板を押さえ込むと

カメラに集中できない

む、難しい…

大きなレフ版をコントロールしながら走行写真撮影

きっと

そんなことする奴はいないと思う

でもどうしても試してみたかったので

チャレンジしてみた

帰りの下りでも少しやってみた

さらにさらに難しい撮影になることがわかった

効果のほどもわかった

一人じゃ無理かなぁってこともわかった

ドライバーさんたちには

ちょっとまぶしかったかなぁ…

ゴメンナサイね

これからはどうしようかなぁ…







コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示